カテゴリー「ハンバーガー」の記事

2009年3月23日 (月)

タイム・マシーンにしては安い!~エスケールの新作「ネーチャー」

20090321 タイム・マシーンに乗ってハンバーガーを食べにいく――。

 ような感じなのです、このお店の場合は。

 宝塚から有馬温泉に抜ける県道51号線は昔ながらの山道。不動谷、蓬莱峡、七曲、屏風岩と続く地名を聞けば、途中の岩山の地形が険しいことが判ってもらえるでしょうか。このくねくね道を越えて六甲山の向こうに出ると、急に田園風景の残るのどかな新興住宅街になるものだから、タイムスリップして20年ぐらい遡ったような感じになっちゃうんです。連休の間に行ったものだから、山の手前は車が渋滞、向こう側はスムーズだったというのもそう感じた理由かもしれませんけれど。

 目的のお店は西宮市山口町にあるエスケール。関西にあるハンドメイド・ハンバーガーの紹介記事には必ずといって登場するお店として有名。そのロケーションが故に、いままでは足を運べずにいたのですが、春らしい陽気に誘われて足を延ばしてみることにしました。

続きを読む "タイム・マシーンにしては安い!~エスケールの新作「ネーチャー」"

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2008年4月23日 (水)

Authentic アボカドチーズバーガー

Authentic アボカドチーズバーガー

 ビートルズやビーチ・ボーイズから山下達郎まで、音楽プロデューサ、フィル・スペクターに影響を受けたミュージシャンは数知れないでしょう。多重録音を重ねて、いくつもの楽器や歌声をひとつのポップソングにまとめ上げるその作風は『ウォール・オブ・サウンド(音の壁)』とも呼ばれます。

 勤務先の東京支社が赤坂に移転したのを機に訪れたグルメバーガーの名店(って聞かされてた)『Authentic』のアボカドバーガー(+チーズ)を食べて、いろいろな味が口の中にじゅわっと広がってゆく絶妙のハーモニーに、当然のようにフィル・スペクターを想いました。

続きを読む "Authentic アボカドチーズバーガー"

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2008年4月17日 (木)

Le BOIS (ル・ボア)岩手短角牛のハンバーガー

ル・ボア

北浜のカフェ『Le BOIS (ル・ボア)』にて噂の岩手短角牛のハンバーガーを食べてきました。¥1,050なり。

人によっては肉肉しすぎるとか、油ギッシュ過ぎるとか、単調だとか、野菜は入ってへんのかとか、これで1,000円はねーだろとか、不平不満を述べられる方がいても不思議ではない食べ物だと思います。竹内のバンズに、油がじゅわあっと染み出るほどの短角牛のハンバーグに、たまねぎをじっくり炒めたものが絡めてあるだけのシンプル極まりないハンバーガーですから。ハンバーガーの王道からは確かに外れてます。

でも。

軸から外れたところにこそ、個性ってあるんじゃないかなあ。

続きを読む "Le BOIS (ル・ボア)岩手短角牛のハンバーガー"

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2008年4月 7日 (月)

フレッシュネス・ナチュラルマーケット

フレッシュネス・バーガー

ハンバーガーを食べたわけではないのですが、ハンバーガー屋さんに行ったことには違いないですし、何よりかわいらしいお店だったので皆さんにもオススメしておきたいという気持ちもあって、久しぶりに写真付きの記事です。場所は原宿キャットストリート。3階建ての洋館を改装して、オーガニック・ナチュラルな素材を使ったハンバーガー店として営業しています。通りから少し入ったところにあるのも隠れ家っぽくていい感じです。昔の洋館なので窓が小さく、景色を楽しみながらお茶を楽しむなんて事は出来ませんが、場所柄外国の人も多く異国の雰囲気が漂います。

続きを読む "フレッシュネス・ナチュラルマーケット"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月30日 (日)

寄り道するお店

 二週連続の休日出勤でへとへとです。特にプロ野球の開幕とセンバツ高校野球がバッティングする今週末は忙しさがピークだったのですが、どうやら無事ヤマは越せたようです。金曜日の仕事が終わってから(22時ごろ^^;)心斎橋にあるワインバー『Y-VIN MILLE CENT ONZE(イーヴァン・ミルソンオンズ)』にお誘いいただいたので寄ってきました。ワインもチーズも美味しかったのでメモ代わりに書いておきます。

 ほんの少しの時間でしたが、気の置けない友人たちと楽しい会話と美味しいお酒とチーズを味わって帰りました。ああいう時間を毎週とまではいかなくても二、三週に一度持てるようになりたいなあ。そうすればストレスとかも上手に発散できそうだなあ、などということを思いました。

 昨今、カフェだのバールだのお店そのもの、ハコ自体はおしゃれなところが増えましたが、それを楽しむ僕たちお客のほうのスタイルってあんまり変わってないような気がするんですよ。相変わらず残業してるし、相変わらず夫婦ふたりでデートなんてしないままだし、相変わらず店に入れば長居するし。

 お店のほうがどんどん多様化してきて、お酒を飲みながらケーキを食べたりできるようになったし、郊外の駅の前にだって十分憩えるカフェが出来たりもしてるんですよね。それってお店の人、サービスをする側からの提案だと思うんですよ。挑戦といっても良いし、問いかけといっても良いかもしれない。

 なのにお客の側は、利用するスタイルが『仲間と長時間ダベる』とか『彼氏とデートする』とか意外とワンパターンな利用法ばっかりのような気がするんですよね。もちろん、海外の生活経験がある人なんかは少し違うんだろうけど、まだまだ日本人って『お店を使う』のが生活の中に入ってきてなくって勿体ないなあ、と。新しいスタイルが出来たのならこんなライフスタイルにすれば楽しくなるなあとか、サービス側の提案に対するリアクションってするべきなんでしょうね。それがまた流行に流されないホンモノの客になるための方法なのかもしれません。

 その一方で、昔からあった気軽に立ち寄れる屋台とか立ち飲み屋なんてのは最近だんだん見かけなくなりましたね。こちとらオッサンですから、そういうのも忘れずにいたいなあ。ぶらっと寄って、お店の人に挨拶して、一杯引っ掛けて帰る。今後はそういうパターンも勉強したいなあと思った夜でした。

 そういえば、その場ではハンバーガーの話題でずいぶんと盛り上がったのが驚きでした。いわゆるグルメバーガーについて書かれたブログはあちらこちらに散見されますし、東京では実際にいろいろなお店があります。でも、大阪で美味しいハンバーガー屋について語る人って、少なくとも僕の身の回りにはいなかったんですよ。それがその夜はハンバーガーをネタに盛り上がりました。ヨコジバーガー(大阪・本町)とか、東京ミッドタウンのベーカーバウンスとかも、ちゃんと知っていてビックリだったなあ。

 さっそく『大阪ハンバーガー研究会』なる同好会(略称はダイハンケン)を発足させようという話にまでなりました。参加ご希望の方はぜひご連絡ください。大阪の美味しいハンバーガーショップの垂れ込みも歓迎します。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年11月30日 (金)

One's Drive ワンズ・バーガー

One's Dr. ワンズ・バーガー
【2007/12/2追記】
いつもそばに存在してくれると言うことは、なんてありがたいことなんだろう。

このお店に足を運ぶといつもそう思います。美味しいハンバーガーが、抑え目のお値段で、東京駅近くで食べられるのです。予約した新幹線の出発時間まで30分余裕があれば、駅弁じゃなくってちゃんとしたハンバーガーが食べられるのです。ま、東京駅の周りを結構うろうろ歩かなきゃいけませんけどね。

続きを読む "One's Drive ワンズ・バーガー"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年10月26日 (金)

FIRE HOUSE チリチーズバーガー

FIRE HOUSE チリチーズバーガー
アボガドを追加してみました。

続きを読む "FIRE HOUSE チリチーズバーガー"

| | コメント (5) | トラックバック (0)