カテゴリー「仕事のヒント」の記事

2012年1月 9日 (月)

歴史は繰り返す

 新年明けましておめでとうございます。

 とは書いてみたものの、他人様に「おめでとう」と言えるほど体調は良くありません。風邪です。正月三日の夜に、同窓会で遅くまで飲んでたのがいけなかったんでしょうね。この連休の後半はほとんど寝て過ごしてました。

Dsc_0256
(手前が昨年の手帳、奥が今年の手帳)

 それでも7日の土曜日は、近鉄花園ラグビー場で全国高校ラグビー決勝のお仕事でしたので、なんとか休日出勤しました。いま思えばあの日は、さほど辛くはなかったのですが、大会が終わったという安ど感から疲れがどっと出た…というか、安心したんでしょうね(いや、特に何かを心配していたわけでもないんですけど)。まったく「病は気から」ですねえ。

続きを読む "歴史は繰り返す"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月22日 (土)

サインペンをめぐる冒険

『シャーピー ファインポイント』ってサインペンをご存じでしょうか。

 こんなやつです。
Sh_fn_blk_on

シャーピー ファインポイント
~北米で最も多く使われている筆記具ブランド、シャーピーの定番

 北米(というかアメリカ)ではかなり一般的なサインペンだと聞いているのですが、日本ではあまり見かけません。梅田ロフト1階(ジュンク堂側)にあったコクヨのアンテナショップ『PICNIC ON PICNIC』では常に店頭に並んでいて、シンプルな外見と、なめらかな書き心地、そして、油性ペン独特の臭さがないことなどが気に入って愛用していました。

続きを読む "サインペンをめぐる冒険"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月15日 (土)

したったらずチャン

 この夏から、週に一度ぐらい、通勤途中にドーナツショップに立ち寄っています。

 お店に、八重歯とえくぼの可愛いらしい女性店員がいました。この「えくぼチャン」はすごくテキパキと仕事をこなす人で、ドーナツとアイスティを注文すると、手際よく短い時間で用意してくれて、通勤途中に立ち寄る身としてはとてもありがたかったのです。

 そんなある日、新しい店員さんが加わりました。ぽっちゃりとして舌っ足らずの彼女は、初めての仕事にとても緊張しているらしく、「ポイントカードをお預かりいたします」と言うときも「ぽいんときゃど、おやっきゃりたしまぅ」みたいになってしまうのです(初めて聞いたときには海外からの留学生なのかと…)。ゆっくり言えば、きっときちんと言えるのでしょうけど、どうしても早口になってしまうようです。

続きを読む "したったらずチャン"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月16日 (日)

苦手意識をプロ意識に

 不得意なことでメシを食っていくのがプロフェッショナル。

――なんて言えば、ちょっと首を傾げたくもなりますか?出来ることなら自分の得意な分野を職業に選んで生計を立てたいと考えるのが普通ですから。漫画が好きな人は漫画家に、音楽が好きな人はミュージシャンに、数字に強い人はどちらかといえば金融業かな、口が達者な人はどちらかといえば営業職かな・・・。すべての人がそんな風に単純に希望職種を決めはしないでしょうけど、概ねそういう傾向はありますよね。

 ところが、実際の話、世に出て働き始めるとそうもいきません。よっぽどの専門職でもない限り、自分に不向きな仕事を手伝わされたり、好みに合わない仕事を引き受けざるを得ないなんてことはざらにあります。会社であれ取引先であれ人様から対価をいただいてこそプロフェッショナルなのですから、それは避けがたいことです。けれど、なかなか積極的に自分の不得意な仕事にチャレンジする人なんて世の中でそうは見かけません。

 先週、クリエーターが自分の趣味に合わない仕事を任されてモチベーションが下がってしまい、結局は仕事のクオリティまでも下がってしまう――なんて話を聞きおよび、「そういう時こそ意識の持ちようを考えないといけないんじゃないのかなあ」と思っていた矢先に、こんなニュースを読みました。

機内で男性客が心肺停止、乗客の看護師が救う(産経新聞)

先月、インドネシア・バリ島行きの旅客機内で、心肺停止状態になった男性客を、乗り合わせた日本人乗客の女性看護師が心臓マッサージなどの緊急措置をして一命をとりとめていたとのこと。

 この記事で、一番感心したのが以下のくだり。

(女性看護師の)柴田さんは看護師になって2年目。救急医療に苦手意識があるといい、その分、積極的に勉強会に出席するなど努力を重ねていた。


 自分に苦手なこと、弱点があることを素直に認めたうえで、それを克服しようと日々努力していたというのですから素晴らしいプロ意識だと僕は思います。

 確かに看護師として救急医療は避けて通れない分野です。いわば必須科目の出来が悪いというのはプロとしてどないやねんという意見もあるでしょう。けれど、苦手意識を克服してやろうと地道に努力を重ねる根性っていうのは、23歳の若さにしてなかなか真似の出来ることじゃないよなあ。職場の先輩の指導も上手なんでしょうか。

 不得意なことであれ、時には不本意なことであれ、きちんと仕事を請け負えるように日々努力をし、精神的にもタフになって、メシを食っていくのがプロフェッショナル。

 柴田さんの不断の努力の話を聞いて、やっぱり、そんな風に思ったのです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月30日 (日)

『忙しい人』と『仕事ができる人』の20の違い

、『忙しい人』と『仕事ができる人』は違うのですという記事を見つけました。

リンク: モチベーションは楽しさ創造から - 『忙しい人』と『仕事ができる人』の20の違い.

私の周りには、『忙しい人』と『仕事ができる人』がいます。忙しい人は、いつも「忙しい、忙しい」を口癖のようにしています。他人が見ると、何でそんなに忙しいのかが分からなかったりするのですが(仕事の成果から見ると)、本人は忙しいのでしょう。忙しいと言うことが、その人のモチベーション理由のように感じるくらいです。

それと比べると、仕事ができる人は、他人から見ると何かゆったり、自分のペースで仕事をしているように見えるが、結果として大量の仕事を行ったりしている。みなさんの周りにもそんな『忙しい人』と『仕事ができる人』はいないでしょうか?

さっそく20の違いについて自分は忙しい人なのか仕事ができる人なのかをチェックしてみました。

続きを読む " 『忙しい人』と『仕事ができる人』の20の違い"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年7月18日 (水)

三井ガーデンホテル銀座

東京出張中なのですが、うっかりと前日まで宿の手配を忘れていました。

で、泊まっているのが、こちら三井ガーデンホテル銀座

前日に予約しようとしたら通常は\21,000のスーぺリアルダブル(もちろんシングルユースですっ!)がなんと\16,000。いつものビジネスホテルのばいのお値段ではあるのですが、こういうときに限ってごくごくたまに利用するのです、ここ。

続きを読む "三井ガーデンホテル銀座"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年7月 9日 (月)

イコン=象徴

会社の中だけで見ることのできるいわゆるイントラネットのページ運用も担当しているのですが、こんなご時世ですからブログで構築してあるんです。

今まではあまり気を使ってデザインをしてなかったんですが(汗)、ここ1,2年さすがに社内でも頻繁に使用されるようになったので現在ちょっとお色直し中です。

で、まあ、見てくれも大切かなということで、faviconを作ったり、管理画面の背景画像をカスタマイズしてページデザインと揃えてみたりしてみたのです。ええ、技術的には何てことはありません。器用なデザイナーさんに「お手すきのときにアイコン作っといて」って頼んだだけですから。

でも、これだけで何だかすごく「自分たちのものになった」感ってあるんですね。

続きを読む "イコン=象徴"

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年6月25日 (月)

レバレッジ・リーディング

ビジネス書だとか実用書は意識して速く読むようにしています。

レバレッジ・リーディングレバレッジ・リーディング
本田 直之

東洋経済新報社 2006-12-01
売り上げランキング : 143
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

続きを読む "レバレッジ・リーディング"

| | コメント (0) | トラックバック (4)

2007年6月23日 (土)

雑にならない人

自分の仕事振りのアバウトさがイヤになる。そんな一週間でした。

忙しいからついつい雑になって・・・というのは言い訳なんだろうなあ。『雑にならない』人というのは、忙しくても雑にならないから「ああ、あの人は雑にならない人だよね」と言ってもらえるのだろうから。どんなに忙しくても、テンパっていても、冷静に「じゃあ、とりあえずこの辺から一つ一つやっていきましょうか。抜けがないか、程度が落ちてないか、本当にそれでちゃんと受け手(買い手)に伝わるのかどうか、一つ一つ確認しながらね」なんてことを言いながら仕事をしてゆく。文句も言わずに淡々と。そういう人が『雑じゃない』人なんですよね、きっと。

続きを読む "雑にならない人"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年5月28日 (月)

売るために書くのか、書いたものが売れるのか

マーケティング至上主義とでもいうのでしょうか『こういう風に書くとモノが売れるので、こういう風に書きましょう』みたいな考え方があると思うのですが、それが嫌になってきました。なんだか突然のようですけれども。

続きを読む "売るために書くのか、書いたものが売れるのか"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧