カテゴリー「ラジオ」の記事

2005年10月16日 (日)

インターネットと放送がつながる日

「通信と放送の融合」についてシーラカンス日記: インターネットと放送がつながる日?にコメントつけさせてもらったら、アンサーエントリーを書いてもらいました。僕からもお礼を込めて何か書いておこうかと思います。

楽天がTBS株を大量取得して、放送局の支配に乗り出したのですが、僕個人はそれをすごく自然なことだと受け止めています。一視聴者から見ると(あるいは一ネットユーザーから見ると)どっちでも見れたほうがいいわけですから、そこにニーズはあるわけですね。くっついちゃったほうが良いに決まってる。

で、今回の場合、何で騒ぎになってるかというと、株を買い占めることで「融合」しようとした。買収しといて、融合なの?お行儀悪いんじゃないの?そういうことなんでしょう。

でも、お行儀悪いことなんでしょうか?

僕がニュースを見ていて何か引っかかるのはこの点です。楽天の「融合」のやり方は何か責められる所以があるのでしょうか?

続きを読む "インターネットと放送がつながる日"

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2005年4月 7日 (木)

ホリエモン考

ホリエモンに対する考え方って、なかなか僕の中でまとまらなかったのですが、昨日のエントリーへの返信コメントを考えていて、ちょっとスッキリしたところもあるので書いておきます。

ホリエモンがちょっと勘違いしてるかなと思うところは、「放送業界の古い体質、考え方がネット上でのコンテンツ流通を邪魔してる」という考え方(前提)です。

でも、ネット上でのコンテンツ流通が進んでいないのは「コンテンツホルダー(権利者)とサービス事業者(使用者)の間でネット上の利用許諾(権利処理)ルールが決まってないから」です。これにつきるんですねえ。

続きを読む "ホリエモン考"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年1月 8日 (土)

仕事としての放送局サイト

放送局のホームページはたくさんアクセスがあって一制作者としては嬉しいけど、何年も仕事としてやっていると、それだけではいかんなあと思うねん。突然、真面目な話で恐縮やけど。

「びっとらんだむ」のように1週間のページビューが1,000程度でも、個人のホームページなら、アクセス増えた!友達増えた!わーい、わーい!で十分楽しいけど、仕事としてサイト作るんなら「これって給料の足しになってるのか?」という視点は、いくらお気楽サラリーマンな僕でも持たんとあかんやろ?

で、最近では「携帯サイトへの誘導を計るためにホームページを充実させる」なんてのも一つの視点かな、と感じてますねえ。

続きを読む "仕事としての放送局サイト"

| | コメント (0) | トラックバック (1)