« さらば天然色(大滝詠一さんを偲ぶ) | トップページ | 過ぎたるは猶及ばざるが如し »

2014年1月26日 (日)

タリーズコーヒー・ナチュラルステーション 阪急塚口店【喫茶店めぐり2014 vol.2】

 昨夏、最寄駅のホームにタリーズコーヒーが出来ました。売ってるものは他のタリーズと変わりないのですが、ちょくちょく利用します。

 タリーズのお店は他にも沢山ありますが、このお店には次のような利点があります。
・駅のホームにあるので通勤/帰宅途中に寄るのに無駄な時間がかからない
・壁に面した席にはACコンセントに加えてUSB端子の電源が用意されていてスマホなどの電源補給に便利
http://tabelog.com/hyogo/A2803/A280304/28038652/dtlrvwlst/5786130/22674950/

 つまりは電車の乗客を前提とした工夫が随所に見られるんです。乗客として普段から駅を利用する僕にとっては、たとえサービス/商品が他と同じものであっても、他のタリーズおよび喫茶店にはない便利を感じます。

 狭いながらも出来るだけ沢山の人が座れるように、椅子は丸くて背もたれのない可動式にしてたり(長居のしにくい工夫でもあります)、荷物用のフックがあったり。実によく考えられています。

 自分の最寄りの駅だからこそ利用するので、あまり他人にはお勧めできないかもしれませんが、立地条件とそれに合わせた心遣いってのも喫茶店には重要な要素なんだなあと感じた次第です。

 ちなみに、カフェラテのスチームミルクを作るのがめちゃくちゃ上手な店員さんがいます。ほわーっと膨らんだ真っ白な泡がすごくキメ細かくて、エスプレッソの香りが気泡の中に閉じ込められるのか香りがとても立つのです。泡の感触もとてもクリーミーで口当たりや喉越しも柔らかい。この人がお店にいるかどうかが実は密かな楽しみなんですけどね。

▼タリーズコーヒー・ナチュラルステーション 阪急塚口店
http://tabelog.com/hyogo/A2803/A280304/28038652/

|

« さらば天然色(大滝詠一さんを偲ぶ) | トップページ | 過ぎたるは猶及ばざるが如し »

コーヒー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/56831/59016521

この記事へのトラックバック一覧です: タリーズコーヒー・ナチュラルステーション 阪急塚口店【喫茶店めぐり2014 vol.2】:

« さらば天然色(大滝詠一さんを偲ぶ) | トップページ | 過ぎたるは猶及ばざるが如し »