« エスプレッソに手加減を加える | トップページ | 映画「永遠のゼロ」 »

2013年10月27日 (日)

ええとこ

 食品に関する偽装が世間を騒がせていますが、批判の矛先が「偽装すること」だけになっているのは如何なものでしょうか。

 もちろん偽装するのは良くないことですし、その行為を非難、批判、追求する気持ちも正当性もよく分かります。けれど、「それだけでええんかなあ?」とも思うのです。

 そもそも何で偽装するのかというと、「ええとこの食材を食べたい」という気持ちが僕らの中に少なからずあるからです。そして、「ええとこ」の表示さえしてあれば、それを鵜呑みに信じ込んで美味しい美味しいと食べてしまう。味の違いに気がつかないのか、そもそもそんなに味の違いなどないのか。そこすらもよく分かりません。

 僕自身もそうなので誰かを非難するつもりは全くないのですが、これからは「ええとこの食材」に惹かれる気持ちをほどほどに抑えることが、こういう事件を引き起こさないために必要なのかもしれません。

 挽きたてのお肉、捥ぎたての野菜、炊きたてのご飯…。

 思えば、ほんの100年ほど前までは、新鮮な食材の採れる一番の「ええとこ」というのは、食卓から数キロほどしか離れていない場所のことだったのです。

 それが交通や冷蔵・冷凍の技術が発達したがために、何百キロも離れた産地を「ええとこ」だとして持て囃し、近郊を開発してどんどん身近な「ええとこ」を潰していった。その末に行き着いた「ええとこ」への幻想が、今回の騒動の一因となったのではないでしょうか。

|

« エスプレッソに手加減を加える | トップページ | 映画「永遠のゼロ」 »

飲み・食い」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/56831/58466404

この記事へのトラックバック一覧です: ええとこ:

« エスプレッソに手加減を加える | トップページ | 映画「永遠のゼロ」 »