« 移動フェチ(仮称) | トップページ | 格子柄のノート »

2013年3月31日 (日)

3つの桜

 桜には3通りあるんだなあ――。

 と、唐突に思いつきました。

 きっかけはこの週末に見かけたとある公園に咲いていた桜の木たちです(写真)。表通りから少し奥に入ったところ、神社の参道脇にあるとはいえ昼下がりのその公園には人影もまばら。それでも、桜自体はいたって華やかに精一杯美しく咲いています。誰に自慢するでもなく、咲き「誇る」のではなく、ただ「咲く」という感じで。

72926_10201009337900135_1270144770_

 一方、この公園にたどり着くまでに通過した「夙川」「芦屋川」といった関西でも有数の桜の名所には黒山の人だかり。電車の窓から眺めていてもそれはそれはたくさんの見物客で賑わっていました。こちらはまさに多くの観客を前にして「咲き誇る」感じで、千両役者の貫録さえ漂わせた立派な咲きっぷりでした。

 そして、もう一つ。

 きょう見たのは、阪急武庫之荘駅の南側にある桜並木。駅沿いの道に沿って咲くその桜たちは僕たちが子供の頃、まだ沿道には田んぼしかなかった頃から毎年同じように花を咲かせてくれます。小学生のころ、一人で選抜高校野球を観戦しに出かけるときに目にしたのも、高校の時に自転車で友達と見に行ったのも、大学生になってから深夜のドライブがてら夜桜を見に行ったのも、同じ桜たち。結婚して家族と観にいったこともありました。

 毎年眺める「慣れた桜」と、世に名だたる「誇れる桜」そして、単にこちらが気がつかない、知らないだけでどこかでしっかりと咲いている「隠れた桜」。桜の木そのものには実はそんなに差がないのに、眺める者からするとそれぞれに受ける感慨がこうも違うのは、桜を愛でるということは実にセンチメンタルな行為であるが故に違いありません。

 半世紀近く生きてきて、ようやく「隠れた桜」の存在に気がつくようになったのは成長の証なのか、遅きに失したのか。まあ、気付かないよりマシだということにしておこう。

|

« 移動フェチ(仮称) | トップページ | 格子柄のノート »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/56831/57077039

この記事へのトラックバック一覧です: 3つの桜:

« 移動フェチ(仮称) | トップページ | 格子柄のノート »