« SNSの熱は冷めても | トップページ | 移動フェチ(仮称) »

2013年3月20日 (水)

吉田類の酒場放浪記

 最近、休日と言えばこの番組ばかり観ています。

吉田類の酒場放浪記

Dsc_0882

 デジタルBS放送BS-TBSの人気番組ですが、毎週自動録画をセットしてあるので、今となっては何曜の何時に放送されている番組なのか、自分ではわからなくなってしまいました。(※毎週月曜よる9時放送とのこと)。

 酒場ライター(!)の中年オヤジ・吉田類さんが、『酒場』という呼び名にふさわしい居酒屋にぶらりと立ち寄っては、その土地、お店の看板メニューの魅力を、お店の人やお客さんとの触れ合いを通して伝えてくれます。

 1軒のお店紹介が10分強。一回の放送で4軒を紹介するので、観ている方はまるで吉田類さんと酒場を4軒ハシゴしてるような感じ。吉田さん以外にタレントはまったく出てこずに、ひたすら吉田さんの店、客とやりとりする様と、酒と料理への感想。あとは合いの手にナレーションが入るだけの「ザ・呑ん兵衛」な番組。

 正直、酒好き以外は何が面白いのかわからない番組ですが、これが僕には実に面白いのです。お酒を頼んで、周りの人と会話して、お酒が出てきたら、肴を頼む。そういう映像のリズムが実際に居酒屋さんでお酒を飲むときと同じように感じられて、ほんとに酒場を放浪している感覚になります。

 変に高級感やオススメ!な感じを演出せず、あくまでその日の飲みの流れに沿って飲み食いをしているのも酒場のリアルな感じがよく出ています。お客さんゼロのお店もあれば、カメラが入れないぐらい満員のお店もあります。それぞれ正直にそのままロケを続けるあたり、番組の姿勢が現れてます。

 4軒のうち1軒、2軒は地方ロケが入っていたりするのも楽しみ。旅、グルメ、そして人との交流モノ…とテレビ番組として面白い要素満載。いつもは休日の昼下がりにボケーっと眺めているのですが、いちど深夜に焼酎チビチビ、スルメでも囓りながら観てみたいものです。

|

« SNSの熱は冷めても | トップページ | 移動フェチ(仮称) »

テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/56831/56995400

この記事へのトラックバック一覧です: 吉田類の酒場放浪記:

« SNSの熱は冷めても | トップページ | 移動フェチ(仮称) »