« ケーキと芝生 | トップページ | 年金セミナーを受講してみた »

2013年1月27日 (日)

エディー・ロバーツ「イッツ・アバウト・タイム」

 先週、レコード屋さんに行きました。

 屋号に「レコード」という言葉が入っているので、まあ、レコード屋さんって言っても間違いではないのかもしれないけれど、もちろん売っているのはほぼCDです。

 で、店員さんに「ファンクの輸入盤が欲しいんです…エディー・ロバーツって人の。ソウル・ミュージックの棚は探したんですけど…」って質問したんですよ。そしたら、かちゃかちゃパソコンいじって、しばらくして、「あー、それジャズのコーナーにありますね。」とのお返事。

 ……。

 いや、いいんです。別に丁寧に「申し訳ございません」と頭を下げてもらいたいわけでも、「エディー・ロバーツ聴くんですか!アタシもなんですぅ」と愛想を振りまいて欲しい訳でもないのですが。

 せっかく店舗に足を運んだんだから、もう少しサクサクっと音楽のこと答えて欲しいなあと思うんですけど、そう思うのは僕だけなんでしょうか。これだったら、家帰ってAmazonで検索したほうがラクチンだもんなあ。

「輸入盤はまだ出てなくって、日本盤だけです」ってのは教えてくれたんですけど、それってレコード会社の都合で輸入盤が入ってこないようになってるだけでしょ。ほんと、売り手に都合のいいようにしか出来てないんですよね。

 これじゃあ、街からレコード屋さんが消える日も近いかもしれないなあ。

 でも、エディーの新譜は相変わらずご機嫌です。ファンクのインストもの。オオサカモノレールとか、JBとか好きな人はぜひ。エディー自身はギタリストでサザンソウルっぽい小刻みでノリの良いカッティングが身上。日本贔屓ということで来日公演に行ってみたいなあ。

|

« ケーキと芝生 | トップページ | 年金セミナーを受講してみた »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/56831/56641559

この記事へのトラックバック一覧です: エディー・ロバーツ「イッツ・アバウト・タイム」:

« ケーキと芝生 | トップページ | 年金セミナーを受講してみた »