« 拡散を止めちゃってます | トップページ | 拍手だけでなく »

2011年3月21日 (月)

映画『英国王のスピーチ』

 お隣さんの庭に植わっている梅の木に花が咲き始めました。地震や津波で僕らを苦しめるのも自然なら、花や草木がその美しい姿や芳しい香りで僕らを癒してくれるのもまた自然のなせる業です。今年の春は少々複雑な思いで迎えることになりそうです。

Photo 少し前に映画『英国王のスピーチ』を観ました。この映画は吃音症(どもり)の国王とその治療にあたった先生の友情の物語なのですが、その後、東日本大震災が起こってから、いろいろな記者会見を生中継で見る機会が増えてからというものの、人前で話すことって凄く大切で難しいことなんだなあと、この映画を思い出しながら、改めて感じています。

 映画に登場する国王は吃音症で上手くスピーチできない。吃音が気になってさらに緊張してしまう。そして、その治療にあたる人物自身もオーストラリア出身で訛りに苦しみ、何度もオーディションに落ちては舞台俳優への夢を果たせないでいるという設定。人前で演説なんてしたくもない人物の吃音を、人前で演じたくてもなかなか認めてもらえない人物が治療にあたるんですね。このあたりが実に良く出来てました。

 翻って、今回の震災に関するスピーチ。

 一番印象に残り、感動したのは、原発での放水作業を成功させた直後に会見した東京消防庁の三人の消防士の会見でした。それぞれ、現場の長として自分たちで判断し、自分たちの部下に命がけの仕事を命じ、そしてまた自らも放射能の危険に身をさらす大仕事を終えた直後。目の動きには緊張がみなぎり、時に口調は震えがちになり、現場の緊張感、興奮振りをまだ引きずってました。ぎこちなく不十分な説明になるのも無理はないかなと思われた会見は、あにはからんや、ものすごい説得力にあふれていました。

 実に淡々と、作業の手順を説明し、経過を報告し、感想を述べた三人の言葉は、放射能の恐怖と戦いながら、国の安全を守る仕事を『自分たちの手で』やりとげた実感に溢れるものでした。だから、すごく説得力があったんじゃないかなと思うんです。

 今回の震災で、政府や東京電力などいろいろな方が記者会見を開いていますが、中には資料を読み上げるだけのような方も見受けられます。実際にはそうではないのかもしれませんが、何となくそういう印象を受けるものがあるんです。

 人の前で話すことの巧拙は、結局のところ、「自分の言葉になっているか」「言葉に自分の感情を込めて伝えられているか」なんじゃないでしょうか。

 くだんの映画でも、国王は最後に感動的なスピーチをします。そのスピーチを生んだのは、劇的な吃音矯正プログラムとかではなく、自分の国を救いたいと願う強い気持ちと国王としてのプライド、そしてそれを支えようとする温かい友情でした。

 映画を観てからまだひと月も経ってないのですけれど、いま、もう一度観たら、どんな風に感じるんだろう。まだ、観ていない人は、是非。

|

« 拡散を止めちゃってます | トップページ | 拍手だけでなく »

映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/56831/51170714

この記事へのトラックバック一覧です: 映画『英国王のスピーチ』:

» 英国王のスピーチ [キノ2]
★ネタバレ注意★  ついさきごろ発表された第83回アカデミー賞において、作品賞、監督賞、主演男優賞を受賞した作品です。受賞者のみなさまには、心よりお祝い申し上げます☆  とにかくですね、もう、チャァァァミング! というに尽きる、とってもチャーミングな映画なんでありますが、この映画がここまでチャーミングであったのも、一にも二にも、主演のコリン・ファースがチャーミングだったからだと思うのです。ほんとに最近のファースさんは、のりにのっていらっさる。  英国王ジョージ5世(マイケル・ガ... [続きを読む]

受信: 2011年3月29日 (火) 20:21

» 英国王のスピーチ [LOVE Cinemas 調布]
後に「善良王」と呼ばれた英国王ジョージ6世が、ヨーク公爵時代に出会った言語聴覚士ライオネル・ローグの助けで自身の吃音を克服する姿を描いた伝記ドラマだ。主演は『シングルマン』のコリン・ファース。共演にジェフリー・ラッシュ、ヘレナ・ボナム=カーターと言った実力派が揃う。監督はトム・フーパー。第64回英国アカデミー賞では作品賞初め7冠を獲得した。... [続きを読む]

受信: 2011年3月29日 (火) 21:54

» 『英国王のスピーチ』(2010)/イギリス・オース... [NiceOne!!]
原題:THEKING'SSPEECH監督:トム・フーパー出演:コリン・ファース、ジェフリー・ラッシュ、ヘレナ・ボナム=カーター、ガイ・ピアース、ティモシー・スポール試写会場: よみうりホー... [続きを読む]

受信: 2011年3月30日 (水) 01:06

» 『英国王のスピーチ』 [京の昼寝〜♪]
nbsp; □作品オフィシャルサイト 「英国王のスピーチ」□監督 トム・フーパー□脚本 デヴィッド・サイドラー□キャスト コリン・ファース、ジェフリー・ラッシュ、ヘレナ・ボナム=カーター、ガイ・ピアース、ティモシー・スポール、デレク・ジャコビ、ジェニファ...... [続きを読む]

受信: 2011年3月30日 (水) 08:10

» 英国王のスピーチ [シネマDVD・映画情報館]
英国王のスピーチ 子供の頃から悩む吃音のために無口で内気な、現エリザベス女王の父、ジョージ6世。しかしヒトラーの率いるナチスドイツとの開戦に揺れる国民は、王の言葉を待ち望んでいた。型破りのセラピスト、ライオネルの友情と妻の愛情に支えられ、渾身の......... [続きを読む]

受信: 2011年3月30日 (水) 08:50

» 英国王のスピーチ (試写会) [風に吹かれて]
演説のプレッシャー公式サイト http://kingsspeech.gaga.ne.jp子供の頃から吃音症に悩む、国王ジョージ5世(マイケル・ガンボン)の次男ヨーク公アルバート(コリン・ファース)。何 [続きを読む]

受信: 2011年4月 2日 (土) 19:35

» 「英国王のスピーチ」 [お楽しみはココからだ~ 映画をもっと楽しむ方法 ]
2010年・英・オーストラリア/配給:ギャガ原題:The King's Speech監督・脚本:トム・フーパー脚本:デビッド・サイドラー製作:イアン・キャニング、エミール・シャーマン製作総指揮:ジェフ... [続きを読む]

受信: 2011年4月 3日 (日) 02:32

» 映画『英国王のスピーチ』を観て~アカデミ... [KINTYRE’SDIARY]
11-18.英国王のスピーチ■原題:TheKing'sSpeech■製作年・国:2010年、イギリス・オーストラリア■上映時間:118分■字幕:松浦美奈■鑑賞日:3月3日、TOHOシネマズ・シャンテ(... [続きを読む]

受信: 2011年4月 4日 (月) 22:33

» 『英国王のスピーチ』お薦め映画 [名機ALPS(アルプス)MDプリンタ]
本作はコンプレックスを抱え、不向きな職業に就かざるを得なかった中年男の物語だ。俳優になれなかったライオネルは、王室のスピーチ専門家に向いていたのだろうか? イギリス国王という職業はジョージに向いていたのか? 手に汗握る一世一代の感動スピーチ、2人の男の成…... [続きを読む]

受信: 2011年4月 8日 (金) 01:34

» 映画レビュー「英国王のスピーチ」 [映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評]
公式サイト◆プチレビュー◆英国王と型破りなスピーチ矯正専門家との友情を描く傑作。威厳と繊細さを同時に表現したコリン・ファースが見事。 【90点】 第二次世界大戦前夜の英 ... [続きを読む]

受信: 2011年4月18日 (月) 08:48

« 拡散を止めちゃってます | トップページ | 拍手だけでなく »