« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »

2009年5月の記事

2009年5月24日 (日)

Iさんのこと

 最近の若者は自分のことを認めてほしくって仕方がない、のだそうだ。

 でも、僕だって認めて欲しいのである。無視されたくはないのである。無視とまではいかなくっても、「あなたがそこにいることはちゃんと分かってますよ」とか、「あなたには他の人にはない魅力がありますよ」とか、まあ、何でもいいのだが、ようするに「ああ、この人は、俺のことをちゃーんと見てくれてるんだ」というような存在がいるだけで、ものすごーく嬉しい。それは僕がとりわけセルフィッシュな人間だからではなくって、誰だってそういう気持ちは持っているに違いない。皆さんだって、そうでしょ?

続きを読む "Iさんのこと"

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2009年5月16日 (土)

第2回関西ブロガーミーティング

 予想していたのと全然違った印象を、ぽーんと急に与えられると頭の中が混乱するものですが、混乱した勢いで好きになってしまうことってありませんか。僕は、結構あります。自分の予想を超えてるということは、自分にはない感覚なんじゃないだろうか、それって新しかったり、優れてたりするんじゃないだろうか。そんな風に期待してしまうのかもしれません。そういう『意外性の幸せ』が意外と好きです。

続きを読む "第2回関西ブロガーミーティング"

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2009年5月10日 (日)

手を抜け、気を抜くな

 芝生の緑が目に鮮やかな季節がやってきました。うちの芝生たちも、ようやく、青みを増してきました。これからが芝生の季節です。

Hi380177 いまのマンションに引っ越してきて11年。うちは一階なのでベランダではなく小さな庭が付いていて、芝生が一面に植わっています。一部張り替えた部分はあるものの、その芝生は棲み始めた当初から生えているものが大部分。こうなってくると、芝生だけでなく雑草のほうもしっかりと根を広げていて、頻繁に草抜きをするものの根絶やしにするのは難しい。元々、雑草という存在自体が、どこからともなく飛んできて勝手に芽を出して根を生やしてどんどん横へと広がって増えてゆく類の植物なので、ある植生を10年もそのまま育てているんですから、雑草は『当然そこにあって然るべきもの』『ないと不自然なもの』なんですね。自然の原っぱは雑草だらけですから。

続きを読む "手を抜け、気を抜くな"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月 4日 (月)

ボクら自身

 キヨシローが死んだ。

 ものすごく歌が上手いわけじゃない、リズム感だって抜群にいいわけじゃない、でも、ライブ・パフォーマンスは最高だ。でも、そのライブには行ったことがない。なのになんでこんなに好きなんだろう。なんで、こんなに哀しいんだろう。

 その作品、態度、行動の発するメッセージゆえなんだろうと思う。

 チューイング・ガムをテレビカメラに向かって吐き捨てる。坂本龍一とキスをする。化粧をして歌う。粗暴だったり、不道徳でもあったり、いかがわしかったり。あいつは駄目なヤツだといわれるようなことばかり。あんな大人をお手本にしてはいけません。子供になんて見せられたもんじゃない、と言われるようなことばかり。もちろん、自分も同じことをしてみたいわけじゃない――だろうか。少なくともボクらはそうではなかった。

続きを読む "ボクら自身"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »