« その手で切りひらけ - オルファ製『リミテッドSC Ltd-10』 | トップページ | ちょうど良い大きさ »

2009年4月 7日 (火)

看板に偽りはないけれど

 びっくりするような讃岐うどんを食べました。

 先日、うちの近くの幹線道路沿いにセルフサービスの讃岐うどん屋がオープンしたので寄ってみた時のことです。僕が釜玉うどんを注文したところ、アルバイトと思しき女の子が、おぼつかない手つきで『それ』を作り始めました。釜玉っていうのは、お椀に入れた玉子の上に茹でたてのうどんを入れて、箸でかき回し玉子を泡立てて作る、言ってみれば『うどん版カルボナーラ』のような食べ物で、本場讃岐では冷うどん、温うどん、かけうどんに次ぐといえるほどポピュラーなメニューです。

 ところが、味の割りに作り方が極めて簡単なこのメニューを、バイトのお姉さんは上手に作れません。茹でたうどんをまずお椀に入れてから、その上に玉子を割って落とし、箸を突っ込んで二、三回転ほどかき混ぜておしまい。出来たよ、と言わんばかりに僕の手元にお椀を突き出します。覗けば、白身がまだ半分ほど透明な半生状態で玉子がうどんに中途半端に絡まった何ともいえない代物が入っています。慌ててテーブルの上から割り箸を取って、自分で玉子を泡立ててやっとこさ釜玉に仕上げたのですが、それを見てお姉さんはポカーンとしているばかり。

 開店から間もないこともあってか、厨房にはたくさんのスタッフがいたのですが、誰ひとりそれを見て咎める様子もない。あまりの放任ぶりに文句をつける気も失せてしまいました。

 讃岐ではいくら看板に『セルフサービス』と謳っていても、釜玉はちゃーんと玉子をかき混ぜて出してくれます。だって、茹でたてのアツアツのうどんでなくっちゃ、ふわっと泡立たないんだもん。玉子の上にうどんを載せるからこそ、玉子が蒸れて上手に泡立つんだもん。お客さんに手渡してからかき混ぜると、一番美味しく作るタイミングを逃しちゃうんだもん。だから、セルフの店であっても、釜玉だけは店の人がささっとかき混ぜてくれる、はずなんだけどなあ(葱や海老天はのっけてくれない)。

 釜玉がいったいどういう風に作られるものなのか、あのバイト嬢はきっと見たこともないんだろうなあ。だって、一度見りゃあ誰にだって作れそうなもんなんだから。でも、それって、食べ物屋としては最低ですよねえ。子供でも簡単に作れるぐらいのものなのに、その作り方を知らない、ってことなんだから。

 残念だったのは、うどんの麺は塩っ気が程よく利いてそこそこ美味しかったんです。でもやっぱり、何か食べ物屋として必要最低限の心積もりが出来てない気がするんですよ。ボクサーのくせして、何の練習、鍛錬もしないで試合に臨んでるような。いくらセルフサービスのお店でも、おカネ取って人様にものを食べさせるんだから、ちゃんと最低限の鍛え方しといて欲しいんですよね(いやもう、ホントに必要最小限でいいから)。

 先週に行ったサムギョプサル(韓国の豚バラ焼肉)のお店では、韓国から来たばかりで日本語が不自由なお姉さんがいて、お世辞にも愛想が良いとはいえなかったけれども、肉の焼き加減だけはひたすらチェックしてくれて、焦げ付かないように網の片隅に避けてくれました。コミュニケーションは不十分でも、料理を一番良い状態で出してくれました。必要最小限(最低限ではなく)の、贅肉をそぎ落としたような引き締まったサービスで、もちろん、美味しく楽しくいただくことが出来ました。

 そんな訳で、「最低限必要な仕事をするだけの訓練をしてから店に出たうえで、セルフサービスを謳え」と、件の讃岐うどん屋には、言いたいのであります。

|

« その手で切りひらけ - オルファ製『リミテッドSC Ltd-10』 | トップページ | ちょうど良い大きさ »

飲み・食い」カテゴリの記事

コメント

やはり讃岐に行かねば(^^♪

投稿: まっすん | 2009年4月 7日 (火) 10:17

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/56831/44590686

この記事へのトラックバック一覧です: 看板に偽りはないけれど:

« その手で切りひらけ - オルファ製『リミテッドSC Ltd-10』 | トップページ | ちょうど良い大きさ »