« メガネを拭くたびに | トップページ | タイム・マシーンにしては安い!~エスケールの新作「ネーチャー」 »

2009年3月14日 (土)

そんなヤツはいない―映画『少年メリケンサック』に想う―

 リアリティには二種類ある。

 実際に存在するものをリアルに再現するもの、と
 実際には存在しないものをあたかも存在するもののように出現させるもの、と。

 キム兄の演技の持つリアリティは間違いなく後者だろうなあ。映画『少年メリケンサック』での木村祐一の存在感のある演技を観て、そんな風に感じました。宮﨑あおい、佐藤浩一、田口トモロヲほか個性派ぞろいの共演者の誰よりも、キム兄の演技に一番リアリティを感じたんです。

 もちろん、共演陣の演技も素晴らしいし(特に宮﨑あおいチャンはコメディエンヌとして今までになかった一面を見せてくれた)、クドカンも彼らしい脚本、演出で映画を楽しいものにしてくれています。でも僕には、この映画の楽しさとして『キム兄のリアリティ溢れる演技』が一番印象に残った、ということです。

★以下ネタばれ注意!★

 田舎に引っ込んで畜産農家で牛を育てている中年男。でありながら、突然、再結成したパンクバンドの録音スタジオに、洒落た出で立ちでギブソンの白いレスポールカスタム(ギター)を抱えて現れたりもする。その昔、パンクバンドのぶっ飛んだギタリストであった過去があり、その前はアイドルグループにも居たという。生意気な口を利いた若手バンドのライブに乱入して、乱闘の末相手を血祭りにあげて警察の厄介になったかと思えば、バンド・マネージャーの宮﨑あおいの良き理解者であり、海辺でしっとり話し相手になることもある。
 キム兄演じるハルオはそんな存在ですが――。

 そんなヤツはいないでしょ。

 いやもちろん、映画の世界なんだからいいんです。実際には存在し得ないような人物が登場するからこその映画がなんです。

 でもね、キク兄はその有り得ない人物設定を物凄いリアリティで演じてるんです。しかも『物凄い』のは演技の結果としての映像、役柄のリアリティであって、演技そのものには鼻につく『物凄さ』がない。竹中直人のように変幻自在に表情を作ったり、緒方拳のように声とせりふの言い回しで凄みを出すわけでもない。その場面場面に応じて「こんなおっさんおるわあ」「こんなパンク野郎、いかにもいてそうやなあ」という雰囲気を、あの鋭い眼光で、寂しそうな笑い顔で、哀愁漂う丸っこい背中で、ごくごく自然に淡々と繰り出すわけです。

 考え抜いた綿密な演技プランがあってそうなったものなのか、ぶっつけ本番の自然派の演技なのか、どちらが真相なのかは映画の一観客には知る由もありませんが、この映画の中にあっては、オンとオフ、動と静の二面性を持つ一番難しいキャラクター「ハルオ」を演じたのが、木村祐一以外の俳優であったら、これほどこの映画を面白いと感じたかどうか。この映画のストーリーに感情移入が出来たかどうか。

 これまでにも幾つかの映画で存在感たっぷりの演技、というか、さして演技もしてそうにないのに(笑)存在感はピカ一だったキム兄ですが(映画『ゆれる』の検事役が絶品)、今回の快演でますます好きになりました。

|

« メガネを拭くたびに | トップページ | タイム・マシーンにしては安い!~エスケールの新作「ネーチャー」 »

映画」カテゴリの記事

コメント

キム兄って「西の魔女が死んだ」でも好演してましたね。最初登場シーンはクマが現れたかのごとくの撮られ方してましたね。

投稿: 佐藤秀 | 2009年3月14日 (土) 18:51

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/56831/44341393

この記事へのトラックバック一覧です: そんなヤツはいない―映画『少年メリケンサック』に想う―:

» 少年メリケンサック/宮崎あおい、佐藤浩市 [カノンな日々]
宮崎あおいちゃんが大河ドラマで超大ブレイクしちゃったおかげで公開前のテレビ露出度もこのクドカン映画のわりには多かった印象があるんだけど、この作品をかなり楽しみにしてた私としては期待度アップ。出掛ける間際にチャンネルが合っていた「王様のブランチ」にも出演し....... [続きを読む]

受信: 2009年3月14日 (土) 17:40

» 少年メリケンサック [佐藤秀の徒然\{?。?}/ワカリマシェン]
公式サイト。宮藤官九郎、宮崎あおい、佐藤浩市、田口トモロヲ、木村祐一、三宅弘城、ユースケ・サンタマリア、勝地涼、田辺誠一。宮崎あおいさん(かんな)が可愛い顔にうんこぶっかけられるは、恋人マサル(勝地涼)の歌をクソと腐されるは、車の中でおなら連発されるは、散々....... [続きを読む]

受信: 2009年3月14日 (土) 18:46

» 農業 [農業]
農業とは、農地として土地を持ち、作物や植物を栽培し収穫そして出荷することです。 また家畜を育て乳製品や皮や肉を得て食料などを生産する産業です。 人が生きていくうえで必要な食を生産する、人の根本の衣食住に密接に関係する産業なのです。 [続きを読む]

受信: 2009年3月18日 (水) 17:17

« メガネを拭くたびに | トップページ | タイム・マシーンにしては安い!~エスケールの新作「ネーチャー」 »