« そんなヤツはいない―映画『少年メリケンサック』に想う― | トップページ | その手で切りひらけ - オルファ製『リミテッドSC Ltd-10』 »

2009年3月23日 (月)

タイム・マシーンにしては安い!~エスケールの新作「ネーチャー」

20090321 タイム・マシーンに乗ってハンバーガーを食べにいく――。

 ような感じなのです、このお店の場合は。

 宝塚から有馬温泉に抜ける県道51号線は昔ながらの山道。不動谷、蓬莱峡、七曲、屏風岩と続く地名を聞けば、途中の岩山の地形が険しいことが判ってもらえるでしょうか。このくねくね道を越えて六甲山の向こうに出ると、急に田園風景の残るのどかな新興住宅街になるものだから、タイムスリップして20年ぐらい遡ったような感じになっちゃうんです。連休の間に行ったものだから、山の手前は車が渋滞、向こう側はスムーズだったというのもそう感じた理由かもしれませんけれど。

 目的のお店は西宮市山口町にあるエスケール。関西にあるハンドメイド・ハンバーガーの紹介記事には必ずといって登場するお店として有名。そのロケーションが故に、いままでは足を運べずにいたのですが、春らしい陽気に誘われて足を延ばしてみることにしました。

 一階はれっきとしたベーカリーで天然酵母の美味しそうなパンが売ってます。お目当てのハンバーガーは二階のカフェで。普通サイズで800円から、ラージサイズで1,000円からですから、東京あたりのこの手のお店に比べると心持ち安い感じです。さっそく天然酵母バンズ使用の新作『ネーチャー』をオーダー(写真、これも800円)。コンテンツはレタス、トマト、チーズにハンバーグとごくごく普通のハンバーガーですが、バンズのもちもちの食感と荒めに挽いた男っぽい感じのハンバーグ・パテの相性が素晴らしい。

 オーナーさんの趣味なんでしょうか、内装とか店内においてあるアイテムだとかは、もろアメリカン・スタイル。ログハウス風の木作りの部屋に、英語書きの古いポスターや40-50年前の古いおもちゃなどが飾られていて、屋根の梁のところにはウィンドサーフィンのボードが。アメリカの田舎の国道脇のバーガーショップに迷い込んだような気分になります(行ったことはないけれど)。

 わざわざ山を越えてまでハンバーガーを食べに行って、それがチェーン店のそれらと比べるとかなり高めのお値段なのに特に損をした気分にもならないのって、こういうディテールへのこだわりにあるんだろうなあ。先日、某ドーナツショップでドーナツセット400円を注文したつもりでいたら、「エンゼルクリームはドーナツセットには出来ません」と言われて、渋々530円を払わされたときの腹立たしいキモチとは大違いです。でも、よく考えたら(さほど考えなくても)、値段は圧倒的にこっちのハンバーガーのほうが高いんだもんなあ。つくづくものの値段って不思議なもんだなあと思います。

 ものの値段を高いと感じるか、安いと感じるかは、そのサービスの内容に対して満足できるかどうかによんですけど、注文するときはだいたい「満足できそうだ」と見込んでるんですね。だからこそお金を払おうという気になってるわけで。それだけに、注文した後にどこかに不満なところを見つけると、その時点で「高い」と感じることに。失望感だとか、クレームだとか、悪評だとかいうのは全部、事後に、買った後に、起こってくるもんなんですねえ。アタリマエだけど。一方で、見込んだ以上に価値があると分かると「これは安い!お買い得だ!」となるんだけれども、そうなることは非常に稀、なんですよね、これが。

 ハンバーガーに満足して、1階のパン屋さんでお土産に食パンとベーグルを買って帰ってきたのですが、これまた美味しかったです。皆さんもぜひご賞味あれ。

|

« そんなヤツはいない―映画『少年メリケンサック』に想う― | トップページ | その手で切りひらけ - オルファ製『リミテッドSC Ltd-10』 »

ハンバーガー」カテゴリの記事

コメント

あのルートは有馬温泉からの帰りにカーナビの案内で、通りました。見事な景観です。特に蓬莱峡は、野村芳太郎監督の映画「内海の輪」(松本清張作)で事件の舞台に使われていテ、その名作の映画の感心したことがあります。又、会社は行ってまもなくの頃、大学の山岳部の所属する報道局のアルバイトを頼りに、3年先輩と一緒にも無謀な崖のぼりの挑戦したことモアって、思いで深い光景です。西宮、宝塚、芦屋、華やかな関西の高級住宅地の裏にはこのような奇観が存在していて、表の軽薄な文化をあざ笑っているように思ったりもしました。ちなみに「内海の輪」義弟と不倫をして蓬莱経で殺される人妻は、たしか岩下志麻であったかと。

投稿: 原辰 | 2009年3月23日 (月) 19:11

実家の近所に
こんなおいしそうなハンバーガー屋があるとは…

投稿: くろ | 2009年3月23日 (月) 22:55

>原辰さん

コメントありがとうございます。
蓬莱って仙人の住んでる伝説の山なんですよね。それぐらい浮世離れしている奇景である、みたいなことを登山地図で読んで、「一度ハイキングしてみたいなあ」と当時、芦屋ロックガーデンをメインに山歩きばかりしていた小学生の僕は思ったものです。次回は宝塚から有馬までハイキング(いまの言葉で言えばトレッキング)したいと思っております。

>くろさん

コメントどうもです。
そうですか、実家近くですか。パンもハンバーガーも美味かったですよ。
今度東京で一度飲みましょう。

投稿: コイッチ | 2009年3月24日 (火) 23:11

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/56831/44438685

この記事へのトラックバック一覧です: タイム・マシーンにしては安い!~エスケールの新作「ネーチャー」:

« そんなヤツはいない―映画『少年メリケンサック』に想う― | トップページ | その手で切りひらけ - オルファ製『リミテッドSC Ltd-10』 »