« 諦める読書 | トップページ | ポストシーズンを予想する »

2007年10月 2日 (火)

ビートニクス―コヨーテ、荒地を往く

高校の頃から、ですから随分と長い間、佐野元春のファンをやっています。

ビートニクス―コヨーテ、荒地を往くビートニクス―コヨーテ、荒地を往く
佐野 元春

幻冬舎 2007-09
売り上げランキング : 1394

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

今も新譜が出ると買ってしまうので、まあファンといえばファンなのですが、現在の佐野さんを全面的に崇め奉って評価しまくるって感じではありません。どちらかといえばお布施として新譜は買ってる感じで、むしろ旧譜の紙ジャケとかにありがたみを感じていたりします。

そんな付き合い方ですから佐野さんへの愛は以前に比べると薄れてきてるのかもしれませんね。もちろん、リスペクトは以前と変わらず持ってるつもりなんですけれど、目がはあとになっちゃうような熱っぽさは今はありません。でも、今回の著作『ビートニクス―コヨーテ、荒地を往く』は気になるなあ。文字フィールドでの表現ってもっと取り組めばいいのに、ってのは以前から思っていたので、辻仁成くんや町田康のように小説を書くのではなくって、詩作とかルポがいいような気がします。

って、ことで、手元の本が片付いたら読んでみたい一冊です。

ほんとは、全然、別の佐野元春ネタを書こうと思ってたのだけれど、本の紹介になっちゃった。ここんところ本ネタが続きますが、読書の秋ってことで許してくださーれ沖縄。

|

« 諦める読書 | トップページ | ポストシーズンを予想する »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/56831/16642501

この記事へのトラックバック一覧です: ビートニクス―コヨーテ、荒地を往く:

« 諦める読書 | トップページ | ポストシーズンを予想する »