« 久しぶりにやってしまいました | トップページ | FIRE HOUSE チリチーズバーガー »

2007年10月11日 (木)

敗者が4人

リンク: asahi.com:内藤が初防衛に成功 大差の判定で亀田大毅下す - スポーツ.

まずはチャンピオンの内藤大助選手に「おめでとう」です。ラウンドごとにセコンドの指示に大きな声で「はい。はい」と一つ一つ答えるその謙虚さ、生真面目さに拍手です。亀田父の慟哭恫喝と睨み付けにも視線をそらすことなく堂々と受けてたち、サポートに徹したチャンピオンのセコンドチームにも拍手を送りたいです。

で、観戦していた皆さんならお気づきの通り、問題は亀田大毅選手なのですね。というか亀田陣営といってもいいのかもしれませんけど。

ダーティな戦術が得意なスポーツ選手というのは存在しますけど、あれじゃあボクシングになりません。リングサイドに何十万も払って観にいった試合が、試合の展開から考えてノックアウトしかない場面でへなちょこプロレスみたいなフロントスープレックス崩れを仕掛けるような挑戦者の出場する世界戦だったら・・・僕なら「金返せ!」と怒ります。モノも投げるかもしれない。今日の観客の皆さんは怒ってる人はあんまりいなかったようですけど・・・。

あ、そうか。

みんな、チャンピオンの応援してたのか。

それは、さておき。

ボクシングでいいところがない上に、反則の内容が極めて悪い、それでいて観客にもアピールしない試合をするってことがどういうことなのか判っていないとしたら、亀田大毅クンはプロボクサーとしては極めて不利です。ボクシングの内容云々ではなくってお仕事としてボクシングがいかにしにくくなるのか、というお話なんですけどね。

次の世界戦を組むのはホントに苦しくなります。ボクシングの世界はある意味ハンディキャップ・マッチと言ってもいい仕組みで行われます。弱いほうにハンデがあるのではありません。常にチャンピオンのほうが主導権をもって試合の契約条件を決めるので有利なんです。試合開催地、会場、ファイトマネーに始まって、もし負けた場合の再戦の権利まで契約に含めることだってあります。

だから世界戦に負ける時は、すごく上手に負けないといけないんです。次に再戦してもらえるように。あるいは違う団体の同階級など別のチャンピオンにも挑戦を受けてもらえるような選手として負けないといけない。あんまり強すぎると当然、再戦は避けられます。弱すぎるとよっぽどファイトマネーが良くない限り時間の無駄だと思われます。善戦して選手同士にライバル心が芽生え、次回も世間が注目して高ファイトマネーが望める・・・ビジネスライクな見方をすれば(プロですからね)、そんな負けっぷりが一番良い負けっぷりでしょう。

でも、実際にはイメージどおりに狙って負けるなんてことは出来ません。だから世界戦はやはり勝つしかない試合なんですね。ホントに負けたら後がない。でも、だからこそ今日の試合のように終盤逆転を狙うしかない試合で、あんなラフ・ファイトをしちゃゼッタイに駄目なんです。

あんなラフ・ファイトをする選手の挑戦をどのチャンピオンが受けてくれるというのでしょう。

そういう意味で、最終ラウンドの減点3っていうのは、亀田選手の選手寿命を脅かす減点だったんじゃないでしょうか。そして、世間は(というかプロモーターは)ファミリーの残り2選手も同じ穴の狢だという認識を持つでしょう。そうなると、チャンピオンである亀田興毅も含めてマッチメイクの条件は譲歩せざるを得なくなります。

特に海外の有力なエージェント付きのチャンピオンとの対戦はいろいろと不利な条件を飲まされるんじゃないでしょうか。「プロレス技仕掛けるような選手とやるんだったら怪我が怖い。ファイトマネーは3倍だ」とか言われて、「金が出ないなら、当然、開催地などの条件は飲んでもらう。ホテルはこっちが指定するから(当然、安宿だぜ)」なんて、絶対言われるんだろうなあ。かといって、ファイトマネー増額で片がつくような相手だと観客のほうが納得するような充実した試合は望めないでしょう。

あの試合、普通に判定で負けていれば敗者は1人で済んだのですが、今後の展開を考えると、亀田一族4人の今後のプロボクシング人生にとって大きな敗戦だったような気がします。

|

« 久しぶりにやってしまいました | トップページ | FIRE HOUSE チリチーズバーガー »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

慟哭じゃーなくて「恫喝」
あとは同感

投稿: 藻江一海 | 2007年10月12日 (金) 14:25

@niftyトップページ「旬の話題ブログ」コーナーにて、
本ページの記事を紹介させて頂きました。
紹介記事については、「旬の話題ブログ」バックナンバーで
半年間、ご覧いただけます。
とても貴重な御意見、亀田選手に届きますように、そして、これらの経験を踏まえ、いろいろな意味で大きく成長していって欲しいという願いを込めて、本記事をピックアップさせていただきました。
今後も旬な話題の記事を楽しみにしておりますので、
引き続き@niftyをご愛顧の程、よろしくお願い致します。
ありがとうございました。

        @nifty「旬の話題ブログ」スタッフ

投稿: 「旬の話題ブログ」スタッフ | 2007年10月12日 (金) 17:15

>藻江一海さん

はじめまして。
誤字のご指摘ありがとうございます。
お名前は「も、えーかい」とお読みするのでしょうか。
今後ともよろしくお願いいたします。

投稿: コイッチ | 2007年10月13日 (土) 02:20

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/56831/16733660

この記事へのトラックバック一覧です: 敗者が4人:

« 久しぶりにやってしまいました | トップページ | FIRE HOUSE チリチーズバーガー »