« ブログとは何ぞや | トップページ | 諦める読書 »

2007年9月30日 (日)

『忙しい人』と『仕事ができる人』の20の違い

、『忙しい人』と『仕事ができる人』は違うのですという記事を見つけました。

リンク: モチベーションは楽しさ創造から - 『忙しい人』と『仕事ができる人』の20の違い.

私の周りには、『忙しい人』と『仕事ができる人』がいます。忙しい人は、いつも「忙しい、忙しい」を口癖のようにしています。他人が見ると、何でそんなに忙しいのかが分からなかったりするのですが(仕事の成果から見ると)、本人は忙しいのでしょう。忙しいと言うことが、その人のモチベーション理由のように感じるくらいです。

それと比べると、仕事ができる人は、他人から見ると何かゆったり、自分のペースで仕事をしているように見えるが、結果として大量の仕事を行ったりしている。みなさんの周りにもそんな『忙しい人』と『仕事ができる人』はいないでしょうか?

さっそく20の違いについて自分は忙しい人なのか仕事ができる人なのかをチェックしてみました。

結果は、8項目が(かろうじて)仕事ができる人、12項目が忙しい人、でした。

8月から仕事の内容を5分刻みで記録するなんて柄にもなく細か~いことをやってるんですが、それはひとえに『客観的にみてオレってどれぐらい仕事できるねん(あるいは、できへんねん)』ということがチェックしてみたかったからなんですが、これがやってみると以外に面白いのです。自分は恐ろしく仕事ができない人だということがわかるんです。面白がっていてはいけないのですが、呆れてしまうぐらい自分の仕事の効率ってこんなに悪いんだなあという発見があるんですよ。その発見が面白いんです。無能っぷりには自己嫌悪んなわけですが。

で、今回のチェックをしてみたのですが、傾向、内訳としてはこんな感じでした。
<仕事ができる人に○:8項目>
・事前に段取りを考えることや自己投資、プライベートの充実が大事だとは思っている
<忙しい人に○:12項目>
・スケジュール管理、自己管理ができていない(5項目)
・根回し、ものを頼む/断るのが下手(5項目)
・自分の仕事のクオリティチェックをしていない(2項目)

要するに頭でっかちで実践が伴ってないんですね。あえて自分に甘ぁ~く表現すると『意識を高めるところまでは出来ている。あとは実践するだけ』ってことですね。実際、この夏までは意識すらしていなかったので、今はこんなもんなのかなあ。

で、もう一つ感じたことがあります。

身の回りの仕事ができる人をみてみると確かにこのリストに書いてある通りなんですよね。

例えば、自分の関係しているホームページに間違いがあると必ず厳しいチェックが入って連絡がくる人がいます(もちろん何も言わなくても)。どう考えても忙しいはずなんですよ。でも、間違ってるとゼッタイ指摘されるんです。15番目の項目ですね。ちなみに彼の仕事っぷりは7番目の『いつも期待以上のものをしてくれる』っていう項目にあてはまるなあ、と常々思ってたんですよねえ。

こんな風に、このリストに書いてあることって具体的に思い当たることが多いんですよ。だから、このリストをちょくちょくチェックしてみようと思ってる次第です。check*padに入れておこうかな。皆さんもぜひチェックしてみてはいかがでしょうか。

せめて過半数取りたいなあ。

|

« ブログとは何ぞや | トップページ | 諦める読書 »

仕事のヒント」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/56831/16613383

この記事へのトラックバック一覧です: 『忙しい人』と『仕事ができる人』の20の違い:

« ブログとは何ぞや | トップページ | 諦める読書 »