« 阪神タイガースが首位に | トップページ | RSS広告ってウザい »

2007年9月10日 (月)

クロネコメール便が便利

最近、読書量が増えてきました。となると、読み終わった本は溜まる一方なので本の置き場に困ります。ということでき、読んだ本は極力処分するようにしています。捨てるというより売るんですけどね。

そんなときの選択肢は3つです。
・アマゾンマーケットプレイスで売る
・典型的な『古本屋さん』に買い取りに出す
・ブックオフに買い取りに出す
優先順位もこの順です。要するに高く買ってもらえる順番ですね。

アマゾンマーケットプレースで売るときには、自分で買い主さんに発送しないといけませんが、この際にいつも利用してるのがクロネコヤマトのメール便です。文庫本なら80円、単行本でも160円で送れます。郵便局などの配達に比べての難点は配送事故(紛失や破損)にあったときの補償がほとんどない(運賃の範囲内!ってことは80円とか160円)ってことでしょうか。

一方で、優れている点として挙げられるのは、ホームページを使って伝票番号を使って配送のトラッキング(追っかけ)ができるところ。買い主さんに現在の配送状況がお伝えできるのは、売る側として『丁寧に発送できている自分』を実感できて安心できます。

そして、もうひとつがたとえ80円のメール便であっても電話一本で集荷に来てくれることです(もちろん営業時間中に限っての話ですが)。この休日は土曜も日曜もお願いしたのですが、1時間もしないうちにやってきてくれました。たまたま集荷センターが近いって言うのもあるんでしょうけど、いやな顔一つ見せずに取りに来てもらえました。

というわけで、僕はクロネコヤマト派です。

たかが80円の郵送サービスですが、郵便局のサービスにもこれぐらいの満足感が欲しいなあ。

|

« 阪神タイガースが首位に | トップページ | RSS広告ってウザい »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/56831/16390034

この記事へのトラックバック一覧です: クロネコメール便が便利:

» 古本を売ることで稼げるの? [パーソナルコンピュータを使って年収2000万円稼ぎセミリタイアする方法]
いらない本を売って稼ぐ方法を紹介しました。 ⇒ http://computer.2000man.net/archives/54837517.html 古本屋に持って行く代わりに、アマゾンに出せばいいのですから、 簡単です。 [続きを読む]

受信: 2007年10月13日 (土) 16:21

« 阪神タイガースが首位に | トップページ | RSS広告ってウザい »