« 本日はここまで | トップページ | 畠山美由紀 "Monday Chronicle" »

2007年6月 4日 (月)

ハンカチ王子雑感

ハンカチ王子こと早稲田大学の斎藤佑樹投手の人気はいまだ衰えることを知らないようですね。人気だけでなく実力が伴っていることもその一因でしょうか。本人の精進あってのことだと思います。

ところで、昨今、特待生制度というシステムがいろいろと取りざたされています。野球界にとってはあまりイメージのよい騒動ではないのですが、一方でこれだけハンカチ王子狂想曲が世の中に鳴り響くというのは奇妙なことのように感じます。まるでハンカチ王子が住んでる国と特待生制度のある国はまったく交わりがないかのような。

ところが、皆さんもよくご存知のように当の早稲田大学はどちらかといえばいずれも渦中に身を置いてるんですね。

特待生制度は清廉潔白を身上とする『アマチュアスポーツ』からすればご法度に触れたということなのでしょうけれども、野球を見る側はもはや『アマチュアスポーツ』精神というものを重要視しなくなってきていて、むしろ選手自身のパーソナリティに『純情さ』を求めてるんじゃないかなあと、ハンカチ王子を見ていて思うんですよね。

契約金が何億もするプロ野球選手にだって『純粋に』野球に打ち込む選手もいれば、高校で野球部に所属する選手にだって世渡り上手なばかりで練習に身が入ってない選手だっているでしょう。それは野球以外の世の中と別段変わりがある風景でもないのに、いまさらそれを体裁だけ取り繕おうとするところに無理があるような気がします。

大雑把に断じてしまえば『特待生制度なんてどうでもいい』『何をいまさら白々しい』というのが世間様のジャッジなんじゃないのかな。

と、熱狂渦巻く神宮の風景をテレビを通して見ていて感じました。

僕自身も斎藤投手がこれからどう成長するのかは気になりますが、特待生制度がどうなったかについては一向に気になりません。

そういえば出張で神宮球場近くにはしょっちゅう行ってるんだった。一度は六大学も生で見ておきたいものです。

|

« 本日はここまで | トップページ | 畠山美由紀 "Monday Chronicle" »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/56831/15318494

この記事へのトラックバック一覧です: ハンカチ王子雑感:

» 早大の後輩・斎藤選手に“3つの教え”伝授!ヤクルト藤井…&お取り寄せの絶品”鰻おこわ” [東京六大学野球ブログ~我が子の東京六大学への道~]
東京六大学野球 [続きを読む]

受信: 2007年6月19日 (火) 23:34

« 本日はここまで | トップページ | 畠山美由紀 "Monday Chronicle" »