« 嫌われることを恐れちゃダメ | トップページ | 「Moto Sano talks about the music os COYOTE」Apple Store銀座 »

2007年6月 9日 (土)

文具検定模擬テスト

検定ブームに乗って『文具検定』なんてものまで出来るそうです。ご丁寧に模擬テストまで実施してくれるといいます。

リンク: 『宣伝名人』プレスリリース.

「文具検定模擬テスト」6月11日より開始

文具業界の活性化と文房具ファンの拡大を目指します

有限会社文房具屋さんドットコム(本社:大阪市中央区、社長:田渕法夫)は、文具業界専門紙誌5社と共催して来年1月にWeb上で「文具知識能力検定(略称:文具検定)」を実施します。それに先立ち6月11日より「文具検定模擬テスト」をホームページ上で実施します。 http://www.bungukentei.jp

文房具好きとしては気になるんですけど、検定に受かったからといって僕の文房具ライフが豊かになるわけではないのでどーだかなあ。


検定とか免許、資格試験っていうのは受かったら何かメリットがないと意味ないんじゃないのかなあ。世の中に正式に認められたので○○する時に有利ですよ、チャンスが増えますよ、もっと楽しく過ごせますよ。そういうのが認定テストなんじゃないのかなと思うんですね。

例えば囲碁とか将棋なら段位を基準に相応しい対戦相手を選んだり出来ます。それは愛好家にとってとても都合のいい、とても便利な『色分け』ですよね。英検とか秘書検定とかは就職のときに有利だなんていわれます(実際、その通りなのかは知りませんけど)。

で、文具検定。

受かったら何か楽しいことがあるのかなあ・・・。

文房具ライフ(?)で楽しいことといえば、ただただ使いやすくってデザインの良い文房具を『使う』ことなんですよねえ。たとえ「あなたは文房具の知識が乏しいですね」と言われても身の回りにたくさんの文具があれば幸せだし、逆ならちっとも楽しくない。

世の中にはいろんな検定が溢れ始めましたけど、それぞれ良し悪しがあるんじゃないかなと感じた次第です。

|

« 嫌われることを恐れちゃダメ | トップページ | 「Moto Sano talks about the music os COYOTE」Apple Store銀座 »

文房具・道具」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/56831/15369033

この記事へのトラックバック一覧です: 文具検定模擬テスト:

» リーガルパッドはまとめ買い! これ常識。 [リーガルパッド・バインダー大好き!「たかが文具!されど文具!実用的文房具館」]
またまた、届きました。オフィスデポのリーガルパッド。このごろはちょっと文章書きの仕事が多かったので、リーガルパッド使いまくりでした。完全に消耗品なのでまとめ買いです。基本的に私は文房具はまとめ買いなんです。...... [続きを読む]

受信: 2007年6月15日 (金) 16:22

« 嫌われることを恐れちゃダメ | トップページ | 「Moto Sano talks about the music os COYOTE」Apple Store銀座 »