« 97本の駄文 | トップページ | 桜谷軽便鉄道 »

2007年4月 5日 (木)

銚子電鉄の濡れ煎餅、届く

銚子電鉄濡れ煎餅がやっと届きました!

070402_07560001

注文を出したのは11月27日(こちらのエントリー参照)、続いて銚子電鉄オンラインショップからのお詫びがやってきたのが12月13日(こちらのエントリー参照)。それから待つこと3ヶ月余。ついに届きました。もちろんお詫び文付き。

さっそく家人が食してみた。

美味い!美味しい!の連呼。

職場にも持って行く。

「え?今頃着いたんですか?」

明らかに言外に「めちゃくちゃサービス悪いなあ」みたいな雰囲気を漂わせた反応。

ところが、お昼前にもかかわらず腹を空かせた一人の同僚が一枚を食べ「美味いなあ、これ」の声を発した途端に、どれどれと群がる者多数。次から次に「美味い」「美味しい」というセリフが口をついて出てきます。そしてご飯前にもかかわらず結局は皆一枚ずつは食べていたようです。僕が差し入れたお菓子の中では生まれてこの方一番美味しいと言ってもらえたお菓子でした。

お餅に砂糖醤油をつけて焼いたものなので味は素朴そのもの。というよりむしろしょっぱさは口の中に残ります。そんなシンプルな味なのに、皆の口から素直に「うわ、これ美味いなあ」という声が出るんですよ。別に銚子電鉄の窮状を知ってるわけでもなく、単に煎餅として食べてみて「オイシイ」と。その反応だけでも4ヶ月以上待った甲斐があったもんです。

お涙頂戴で売れてるわけじゃないって判ったのが何より嬉しかったですね。この煎餅の売上で是非銚子電鉄の再建を果たして欲しいです。

ちなみに添えられていた毛筆で書かれた詫び状(これがまた普通にコピーした感じの手作業感バリバリの代物)には

毎日数百件を超えるぬれ煎餅等の購入の申し込みと応援のメッセージをお寄せいただき、社員一同奮いたつ思いでおります。
とありました。僕が当事者であってもすごく嬉しいでしょうね。奮い立ってくれたんですよね。

冷静に見れば、社業を傾けてしまった鉄道会社の何ともトホホなサイドビジネス、ってことなのかもしれませんけど、美味しいお煎餅と、懸命に手作業で発送作業をこなし、それでも品物が届くのには4ヶ月も掛かるそのスローな感じがどこか安心が出来る感じで良いんです。

遅いってことはイライラの原因でもあるんだけど、安心とか温かさとかそういうものを与えてくれるのは速さよりも遅さなんじゃないのかなあ。

|

« 97本の駄文 | トップページ | 桜谷軽便鉄道 »

飲み・食い」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/56831/14556536

この記事へのトラックバック一覧です: 銚子電鉄の濡れ煎餅、届く:

« 97本の駄文 | トップページ | 桜谷軽便鉄道 »