« 緊張と安心 | トップページ | 土俵祭 »

2007年3月 9日 (金)

業務代行ロボット戦隊

「せっかく仲良くなって良い仕事をするようになった派遣社員のウェブデザイナー」の方たちを引き止めておく方法を、昨日、思いつきましたのでご報告します。

デザイナーさんを派遣してもらうのではなく、パソコンとマウスを派遣してもらうんです。ええ、リース契約です。その際の名目を「全自動ホームページ作成ロボット派遣」にするんです。

で、その「全自動ホームページ作成ロボット」があまりに調子が悪くて「幾ら指示を出しても全自動でホームページを作ってくれない」ので、保守契約に従ってメンテナンス要員がやってきます。で、その人が「全自動ホームページ作成ロボット派遣」をしばらくマニュアルで操作して調子を見るわけです。キーボードとかマウスを使って、あたかも自分がデザイナーかのような操作をして。すると、作業が進みます。ホームページが出来上がります。で、メンテナンス要員は帰っていく。メンテナンスには大体一日8時間ほど掛かるんですけどね。

「全自動ホームページ作成ロボット」の性能があまりに良くないので、ほぼ毎日この繰り返しなのですが、メンテナンス要員の出来がいいので、ホームページの制作自体には支障が出ません。ですから、リース契約はずっと継続されます。一方でメンテナンス要員は派遣社員でもアルバイトでもないのでお得意先に嫌われない限りは担当している会社を変わる必要がありません。

こうすれば、契約は「全自動ホームページ作成ロボット」のリースおよび保守契約で済むので、メンテナンス要員のほうは派遣期間の制限を受けることなく何年も同じ職場で活動できるんじゃないのかな、と。

どうなんでしょう。こんな契約形態はコンプライアンス上問題があるのでしょうか。詳しい方がいらっしゃったら伺ってみたいものです。

いやしかし。

派遣の人が2年とかで変わっていくのってホントに残念なんですよね。いいデザイナー探すのってホントに苦労するんだもん。

|

« 緊張と安心 | トップページ | 土俵祭 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/56831/14197429

この記事へのトラックバック一覧です: 業務代行ロボット戦隊:

« 緊張と安心 | トップページ | 土俵祭 »