« ブログはジャズである | トップページ | メシ時に更新 »

2007年3月23日 (金)

味噌汁つき洋食

洋食のランチセットに味噌汁が付いてくる喫茶店が嫌いではありません。

コーヒーを飲みつつ、雑誌や新聞を読むために計算されたテーブルと椅子の高さは、明らかに味噌汁を飲むのに適していなかったりします。でも、プレートの上にしょうが焼きとキャベツの千切りに申し訳程度のトマトと胡瓜が乗っていて、別のお皿にライスが盛られて出てくるのを、ナイフとフォークではなく割り箸で食べるスタイルの定食、ランチセットが出る店がなぜか憎めません。そこに味噌汁があると本来ミスマッチです。というかスタイルがごちゃ混ぜすぎて変です。ビキニの水着の下がフンドシとか、お相撲さんがスパッツとか、そんな感じでしょうか(ウソです)。でも、どこか懐かしい感じがして好きなのです。

その理由はたぶん簡単。

子供の頃のうちの食卓にそっくりだから、です。

思えば30年前のニッポンの食卓って、そんな知ったかぶりというか、我流の洋食が溢れていて、それが何とも言えず(我が家流の)ちょっとした贅沢というか、西洋に向けた背伸びで、ちょっとポップでキュートだったような気がします。

あんなもんで満足だったのか、と思う反面、今でもあえてそれのほうが安心できたりするんです。

|

« ブログはジャズである | トップページ | メシ時に更新 »

飲み・食い」カテゴリの記事

コメント

ううう、味噌汁つき洋食、大好きなんですよ…ついでに家でもソテーなんぞと一緒に味噌汁&ごはんを出してしまうカアチャンです。よく亭主にも「こういう組み合わせって、アリ?」と聞かれて汗かいてます。

投稿: シーラカンス | 2007年3月26日 (月) 05:45

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/56831/14355329

この記事へのトラックバック一覧です: 味噌汁つき洋食:

« ブログはジャズである | トップページ | メシ時に更新 »