« 親不知を抜く、パートⅡ | トップページ | 無駄話バンザイ »

2007年2月 7日 (水)

星野リゾート社長・星野佳路さん

軽井沢の星野リゾート社長・星野佳路さんがいいこと言ってました。


(温泉旅館の再生の戦略を問われて)
皆さん来てくださいでは、だれも来ない。誰のための温泉旅館で、どういうサービスを提供するのかというコンセプトを明確にする必要があります。だけど、自分がとるべき戦略を理論通り進めているところは少ない。
DO楽:動画フロントランナー「星野佳路」より

良い商品とか、サービスとか、コンテンツを作ってほったらかし、じゃだめなんですよねえ。こういうところが良いですよ、というだけでもダメで「これを利用するとあなたはこうなりますよ。それって楽しくないですか(だからこれはあなた向きのサービスですよ)」ってところまで、手を伸ばしてレジに進みたくなる一歩手前までちゃんと理解してもらわないといけないんですよねえ。それが・・・難しいんだよなあ。

|

« 親不知を抜く、パートⅡ | トップページ | 無駄話バンザイ »

仕事のヒント」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/56831/13828811

この記事へのトラックバック一覧です: 星野リゾート社長・星野佳路さん:

« 親不知を抜く、パートⅡ | トップページ | 無駄話バンザイ »