« かもめ食堂 | トップページ | PCで作った Mii を Wii へ転送する »

2007年2月18日 (日)

村上春樹、ふたたび

なぜかは判らないのですが、何年かに一度、村上春樹さんの本が無性に何冊も読みたくなる時期があります。
そして今年、この本がきっかけでまた僕の中のハルキスト魂が騒ぎ始めたようです。

翻訳夜話翻訳夜話
村上 春樹 柴田 元幸

文藝春秋 2000-10
売り上げランキング : 53893
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

大学生の頃に初期三部作で好きになり始めた頃(1984年)、
会社に入った頃に「ノルウェーの森」で社会的なブームを呼んだ頃、(1988年)
そして、
結婚して子供が出来て落ち着いたぐらいに一気にいろいろと再読した頃。(1998年)

いままでに3回ほど「マイ村上春樹ブーム」があったんですよ。これで4回目かな。これまでは大体、新作が出たのをきっかけにというパターンが多かったのですが、今回は古本屋で見つけた冒頭の一冊がきっかけ。無意識の部分で「春樹さんの本が読みたい」というフラストレーションが溜まっていって一定の限度を越えるとどーんと貪るように読んじゃうみたいです。休火山とか巨大地震とかと同じ理屈ですね。

読むたびに違った印象を受ける部分と、フラッシュバックして感覚が蘇る部分と両方あるのが不思議な作家です。というか、ここまで色んな作品を読み返す作家さんは他にいません。今日からは「ダンス・ダンス・ダンス」を読み始めました。筋とかほとんど覚えてないものですね。

ダンス・ダンス・ダンス〈上〉ダンス・ダンス・ダンス〈上〉
村上 春樹

講談社 2004-10
売り上げランキング : 20946
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

しかし困ったのが・・・字が小さい!

僕の老眼が進んでるのか、というとそうとばかりは言い切れないようで、最近の文庫本はフォントが大きいのでとても読みやすい。春樹さんの文庫本だけはずっと手元に置いてるのですが、これなら新しいのを買おうかなと思うぐらい。

書評についてはもう少し感想がまとまってから。

|

« かもめ食堂 | トップページ | PCで作った Mii を Wii へ転送する »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

私もノルウェイの森と羊シリーズは、本当にはまりました。
今まで各3~4回読んでますが、一番最初に読んだ中学の頃と最近とでは感じる印象が全く違いますよね。

ただ新しく文庫本になったカフカは、ちょっと。。。って感じでしたが。

投稿: ぼちぼち匿名 | 2007年2月19日 (月) 11:31

ありきたりですが、私もノルウェイと羊を読んでました(^^;

投稿: 大阪城主 | 2007年2月19日 (月) 12:55

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/56831/13946463

この記事へのトラックバック一覧です: 村上春樹、ふたたび:

« かもめ食堂 | トップページ | PCで作った Mii を Wii へ転送する »