« フランシス・コッポラ | トップページ | 二元論で考えない、ということ »

2006年12月28日 (木)

読書の冬

読書の冬

年末年始を会社の保養所でのんびり過ごすというパターンが我が家では毎年恒例になりつつあります。今年は読書とゲーム三昧を目指してただいま持っていく本の選定中。

保養所だとすごく安上がりなのです。それでいてかなり寛げる施設なので、2泊3日でほとんど外出もせず冬の陽だまりの中で本を読んだりボードゲームをしたりというのが今年の目標。過去には息子とプラモデルを作ったこともありましたね。車で出かけるので荷物は多くても気にならないんですよね。

ちなみに写真に写っている本は以下の通り。

・戦国と幕末(池波正太郎)
・汚れちまった悲しみに(中原中也)
・臆病者のための株入門(橘玲)
・女はなぜ土俵に上がれないのか(内館牧子)
・風の谷のあの人と結婚する方法(須藤元気)
・ミュージックマガジン12月号
・ミュージックマガジン1月号
・SHERLOCK HOLMES the complete novels and stories
・基礎からの英語
・デイリーコンサイス英和和英辞典

全部読むつもりもありませんし、読めるとも思ってなくって、その場その時の雰囲気と気分で読みたいものを読もうと思っています。ひょっとすると全然読まないかもしれませんし。でも来年からホームズの原書に挑戦しようとは思ってるんですよね。『基礎英』には20年以上ぶりにご厄介になりそうです。

|

« フランシス・コッポラ | トップページ | 二元論で考えない、ということ »

」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/56831/13243952

この記事へのトラックバック一覧です: 読書の冬:

« フランシス・コッポラ | トップページ | 二元論で考えない、ということ »