« フラガール | トップページ | 錆びつきはじめました »

2006年10月 1日 (日)

微笑がえし

知り合いの女性と偶然ばったりと会った時などに、胸の前あたりで手のひらを小刻みに振って名前を呼ばれることがありますよね。「コイッチさぁ~ん、久しぶりですぅ」みたいな感じで。時にはそういうセリフも伴って。

これに弱いんですよ。

もう反射的に手を振り替えしてしまうんです。おそらくは締まらない笑顔とともに。

いつも手を振って挨拶を返した後に、年甲斐もなく可愛らしい仕草で返してしまったことに自己嫌悪に陥るんですね。駅とか往来とかそういう場所でばったりと遭った時のとっさのリアクションとして出ることが多いので、余計に人に見られちゃったなあ感があって。

相手にお連れさんがいた時とかはもうホント自己嫌悪です。「いやーね、手とか可愛らしく振っちゃって。誰なの、あのオッサン」みたいな冷たーい視線を感じた時には、時既に遅し。胸元にはまだ左右に揺れる手の余韻があったりして実に情けないです。

男同士だと絶対こうはなりませんから、思春期に可愛らしい女の子からそうやって挨拶してもらった思い出とかが、記憶の奥底のほうに染み付いていて条件反射で出てしまうのではないかと勝手に思ってるんですけれど。

|

« フラガール | トップページ | 錆びつきはじめました »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

え〜。。
ほほえみながら胸の前でこきざみに手を振るコイッチせんせい。
なんの違和感もないですよ??
せんせいは大人やけど
少年の要素がいい感じで残ってるからではないでしょか。

投稿: 愛 | 2006年10月 2日 (月) 20:29

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/56831/12106198

この記事へのトラックバック一覧です: 微笑がえし:

« フラガール | トップページ | 錆びつきはじめました »