« 親知らずパート2 | トップページ | 時間は出来たが夢中になるものがない、のか »

2006年7月 5日 (水)

渡辺謙「誰?-WHO AM I?」

まだ読了していないものの俳優・渡辺謙さんの書いた「誰?-WHO AM I?」を読み進めながらハマっていってる。

映画「明日への記憶」のメイキングにあたって主演&エグゼクティブ・プロデューサーの作者が綴った日記なのですが、これが妙にいい感じ。

僕自身、40を越えて体力にも仕事にも家族にもいろいろと考えさせられることがあって(それは必ずしも悪いことばかりではないけれど)、若い頃には及びもつかなかった角度からのシーンが垣間見られるようになった我が人生劇場。

そんな時に、僕より一回りほど先を行く人に、自身の病気のこと、あるいは難しい病気を扱った映画のこと、その撮影を通じて感じた仕事や家族のことを真摯に、けれども、等身大でこんなに素直に語られると、大げさでない感動というか、ちょうどいい大きさの感動が胸にすっと入ってくる感じがします。

手のひらサイズの感動、かな。

誰?-WHO AM I?誰?-WHO AM I?
渡辺 謙

ブックマン社 2006-05-23
売り上げランキング : 62127
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

|

« 親知らずパート2 | トップページ | 時間は出来たが夢中になるものがない、のか »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/56831/10791762

この記事へのトラックバック一覧です: 渡辺謙「誰?-WHO AM I?」:

» ごめんなさい、見くびってました! 映画『明日の記憶』 [海から始まる!?]
 評判がいいのは知っていました。  映画公開前に原作者・荻原浩さんを取材した友人が、“原作者は元々は渡辺謙という俳優をあまり評価していなかったんだけど、完成した映画を観て、「渡辺謙て、こんなにうまい俳優だとは思わなかった」、と話していた”、というのも聞いていました。... [続きを読む]

受信: 2006年7月14日 (金) 03:37

« 親知らずパート2 | トップページ | 時間は出来たが夢中になるものがない、のか »