« 売れてナンボ | トップページ | ぺこり、ぺこり、ぺこり »

2006年7月31日 (月)

短い名文を目指せ

一定の文字数の範囲で「心の動きがあるストーリー」をうまく文章にまとめる練習をするためにブログを書いている。

数日前にどこかのブログにこんな風なことを書いてた人がいました。残念ながらどこのブログだったかは忘れてしまったのですが、僕もそうありたいと思いました。

実用書でも小説でも絵本でもいいから、死ぬまでに一度は本を出したいという夢はあるのですが、その割りにはほとんど文章らしい文章の練習をしていません。このブログも書いてますし、仕事でも原稿を書くことはあります。しかしどうにも人に胸を張って「毎日文章を書いています」と言う自信はありません。文章の出来に自信がないばかりでなく、丁寧に文章を書こうという「努力をしているかどうか」の自信がないんです。かといって別に落ち込んで、書くのが嫌になったわけではありませんけれど。

きちんと書かなくっちゃね、と思っていたときに、ちょうど三年前の今頃、コピーライター養成口座に通っていた時、「原稿用紙3枚程度で分かりやすくて印象に残る話」を書くという宿題があったことを思い出しました。一晩考え抜いた挙句に提出した文章はそこそこ誉めていただきました。

あれを毎日やればいいんだな。

毎日・・・orz

毎日、徹夜しないといけないじゃないか!

というか、毎日、平然と良い文章を書き続けられるというのは、それぐらい文章の練習を積み重ねたぐらいの人だってことなんでしょうね。精進精進。

|

« 売れてナンボ | トップページ | ぺこり、ぺこり、ぺこり »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/56831/11142009

この記事へのトラックバック一覧です: 短い名文を目指せ:

« 売れてナンボ | トップページ | ぺこり、ぺこり、ぺこり »