« 口は災いの元 | トップページ | おはよう青空くん »

2006年4月20日 (木)

『こりゃ、うまくいきます』な感じ

出張、疲れた。

でもね。今回はとてもいいことがあった。ほんの小さな出来事なんだけど。

先週からずっと考えていたアイデアがあって、それを今週に入ってから二、三の人に相談したら、すんなりと好意的な反応が返ってきて(それも割りと早く)、昨日、ホテルで具体的な試案を作ってみて(これが明け方まで掛かった!)、今日また別の人たちに聞いてみたら好反応だったんです。いやほんと小さなアイデアなんですけどね。

そういうのって嬉しいんですよね。頭の中できっと「ウレシイ物質」みたいなものが出てるんじゃないかなと思う。

そんなに優れたアイデアでもない、どっちかというと他力本願の部分が多い小さな小さな企画なんだけど、とにかくそういうものをひとつポンと出した。その一つのアイデアに対する周りの反応を見て、それが好印象を与えてると判ると、少しづつ具体化させて試しながら前に進む。そうしているうちに周りがノってくる。こちらが何も言ってないのにすごく気合をいれて仕事をしてくれたりする。その力の入り具合を見ていると、こっちも丁寧に考えないといけないなあと思う。そういう好循環が期待できる仕事になるのかなあ、と今のところは思ってます。よくある空振りかもしれないけど。

こういう感じ、忘れたくないんですよね。覚えておきたいんです。

電車とかが駅を出てじわりじわりとスピードを上げていく感覚に似てる。ふぃーん、みたいな音がして速度が増していくじゃないですか。あれです。もちろん体で感じるわけではなくって、一週間とか一ヶ月とかの時間を掛けて気持ちの上でそういう感じになるんだけど。そういう風に感じる仕事というのが、最近、ぽつりぽつりとあります。

去年の秋から今年の一月まで半年弱ぐらいを掛けて立ち上げた企画の時にはっきりとそういう感覚を感じることが出来たんです。いつもは終わってから感じたりするんですけどね。やりながら「ああ、いま、うまくいってるなあ」みたいな感覚があった。自分で出した企画なのに途中から逆にどんどん後押ししてもらってる感じになって。飛行機が最初は地面を走ってるんだけど、やがてふわっと宙に浮くじゃないですか、あんな感じ。この時は本当にメンバーに恵まれたってのもあるんですけどね。

世の中にはいっぱいすごい人がいて大きなプロジェクトとかを次から次に手がけては成功に導くみたいな人がいるじゃないですか。そういう人って仕事の進み方に加速度を感じてるような「こりゃ、うまくいきます」って感覚の特大版を感じながら仕事してるのかもしれないなあ。

それに比べればスケールこそ及ばないものの、僕だってそういう感覚が幾つも繋がるように仕事を進めていきたいもんですね。そして出来ることならそれを自分でコントロールしながら作り出したい。そういう感覚が得られる仕事を創り出していけるようになったら凄い仕事が楽しくなるような気がします。それには、この今日の可愛らしいほど小さなゴキゲンな感じってのを忘れずにいたいです。

なんか抽象的な話でスイマセン。実際には凄く小さなアイデアの話です。ほとんど自分のためのメモとして書いてます。

|

« 口は災いの元 | トップページ | おはよう青空くん »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/56831/9675261

この記事へのトラックバック一覧です: 『こりゃ、うまくいきます』な感じ:

« 口は災いの元 | トップページ | おはよう青空くん »