« 42歳と41歳が憂う彼の国 | トップページ | お金は大事だよ~ »

2006年4月25日 (火)

ICカード式改札が真ん中にど-んとあるのはいかがなものか

060423_171709まもなく阪神電鉄を買収するであろう阪急グループ傘下の私鉄である阪急電鉄の塚口駅が僕の最寄り駅なのですが、最近駅舎をリニューアルして広くて綺麗になりました。おまけに改札横に本屋が出来たのでたくさん本を買うようになりました(特に新書)。ホームにはコンビにまであったりして最寄の駅としてはこれ以上ない便利さです。

何かにつけて「やりおるわい」と感心しきりだったのですが、「これはいかん!」という悩ましいモノが一つ登場しました。

ICカード型チケット専用改札口。

これがどーーーーんと改札口の中央に鎮座してるのです。これが甚だ邪魔。

阪急が提唱、実装している非接触型ポストペイド型カード「PiTaPa」(JRでいうSUICAやICOCAみたいなものですが、料金は先払いでチャージするのではなく、利用に応じて銀行から引き落とされます)自体は「何となく世の中そっちに進むんだろうな」とは理解できますし、特に迷惑な代物でもないのですが、この専用窓口はちと困り者なんです。

何せ切符や定期券を入れる口がないので、PiTaPaの利用者以外にとっては全く無用の長物。駅に入る人も出る人も戸惑う、戸惑う。その分人の流れが滞る、滞る。文字通り「閉口する」ことこの上ないのです。

高速道路のETCカード専用ゲートをお手本に設けたのかもしれませんが、あっちは手作業の支払いゲートとの比較になるので「あ、ETCカードっていいな。早いし、便利だ」ってなことになってるのでして、接触式とはいえ自動改札になってる電車の駅では「専用」改札を設けてもそんなに普及が進むとは思えないんですよね。だって専用じゃなくても改札は通れるんだし、そもそも非接触型のメリットは定期入れから出さなくて済むってところにあるのであって、さっさと通れるっていうのは今の切符や定期でもかなりのところ実現できてたんで。

毎朝、電車に乗り込もうと小走りをしては真ん中の一番通りやすい改札の前で右往左往する利用客を見るにつけ、PiTaPa利用者って妬みにも似たすっげー反感買ってるんだろうなあ、と思ったりします。

|

« 42歳と41歳が憂う彼の国 | トップページ | お金は大事だよ~ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

以前、私の疑問に。。

ICOCA、PiTaPaを両方同時に使うと。。
2枚同時に反応した場合…枚数超過エラー
片っ方一方だけ反応した場合…先に反応したカードから使う。
2枚連続で反応した場合…両方反応。両方のカードから引き去る。

と答えて下さった方がいて…
ICカードには何とも不信感が漂う私です。
PiTaPaは使わないと決めていたので、そんな改札が出来たらストレスが溜まりそうです。。

投稿: えべっさん | 2006年4月25日 (火) 08:06

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/56831/9754589

この記事へのトラックバック一覧です: ICカード式改札が真ん中にど-んとあるのはいかがなものか :

« 42歳と41歳が憂う彼の国 | トップページ | お金は大事だよ~ »