« リアル・コミュニケーション・モア | トップページ | 口は災いの元 »

2006年4月16日 (日)

林俊作 First Exhibition in OSAKA「画爆TERRO」

060413flyer_s弱冠13歳の鬼才、林俊作クンの大阪での初めての個展「画爆TERRO」を見てきました。

以前にもその絵を数枚実際に見たことがあるのですが、初めて見た衝撃が忘れられず、今日は子供を連れて足を運びました。案の定、小学6年の息子は興味津々で小一時間じっと見入っていました。ホールの部屋はちょうど学校の教室ほど(天井はすごく高いですけど)。そのたった一つの部屋の展示を見てるだけで時間を経つのを忘れるほどだったといえば彼の作品がいかに人を惹きつけるかがわかってもらえるでしょうか。

下の子は「怖い」を連発してましたけどね(苦笑)。

確かに怖いんですよ。おどろおどろしい図案をものすごく派手で不気味な色使いで描いてますから。でも、それ以上に感じるのは力強さ。怖い絵ってだいたいは健康的でないので普通は生命力を感じることってないと思うのですが、俊作クンの作品からは生命力、創造力が沸々と湧き上がってくるかのようなんですよね。

きっとなーんにも考えずにこれだけのものが描けるんだろうなあ。手が勝手に動いちゃうんだろうなあ。

そう思えるんです。見ていて羨ましくなるほどです。

ご本人にも挨拶をしたのですが、まださすがに中学生。大人のお客にどう接していいのかわからず、照れくさそうでした。子供たちと写真に納まってくれたり、握手してくれたりしていいお兄ちゃんでもありました。でも目線というか、目の輝きってのはちょっと常人とは違う感じがしましたね。違う何かが見えてるんでしょうね。

んー、彼がビッグになったら今日の体験はすごく貴重だなあ。でも、絶対、岡本太郎みたいにビッグになりますよ。そんな予感がする。まだまだ中学生なので画集なども出してないみたいで、会場ではポストカードすら売ってなかったのが本当に残念です。

個展は4/25までやってるみたいですので、皆さんも是非是非。オススメです。入場無料だしね(笑)。

|

« リアル・コミュニケーション・モア | トップページ | 口は災いの元 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

はじめまして!
俊作くんにお会いになったんですね、羨ましいなぁ…
私も、最終日に行ってきましたが、本人には会えず…最後の日だから会えるかなぁとちょっと緊張したのに取り越し苦労でした…(^_^;
コイッチさんの、「生命力」という表現に、うんうんとうなずいてしまいました。
すごいですよね!
トラックバックさせていただきました。

(しかも、今プロフィールを拝見したら西宮市出身なんですね! 私も西宮市生まれで現在も住んでます。ちょっと親近感♪)

投稿: ちゃんぽん | 2006年4月26日 (水) 21:07

>ちゃんぽんさん
コメントありがとうございます。
俊作君はほんとにすごい才能のような気がします。
あの歳で作風を確立してるのが凄いです。
でもまだ若いのできっとどんどん変わっていくんでしょうね。

投稿: コイッチ | 2006年4月26日 (水) 22:38

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/56831/9626817

この記事へのトラックバック一覧です: 林俊作 First Exhibition in OSAKA「画爆TERRO」:

» 画爆TERRO [ちゃんぽにずむ]
1日遅れですが…昨日、林俊作くんの個展「画爆TERRO」に行ってきました。 HEP HALLで昨日までだったので、慌てて(^_^ いや~すごかった なんだかよく分かんないんだけど、もう…とにかくすごいんよ 画風にかなり独特の世界観があって、絵の内容とかは殆ど意味分かんな...... [続きを読む]

受信: 2006年4月26日 (水) 20:57

« リアル・コミュニケーション・モア | トップページ | 口は災いの元 »