« 個人ブログってソロ活動みたいなものか | トップページ | 企画は二割、段取りが八割 »

2006年3月17日 (金)

チーム青森の次はチーム長野?

トリノオリンピックで注目を集めたカーリングの日本代表チーム「チーム青森」。

なかなか可愛いお嬢さんたちで、人気が出るのも頷けるのですが、先日行われた日本選手権では貫禄の優勝をとげたとのこと。一方、間もなく行われる世界選手権には「チーム長野」が出場するとのこと

世界選手権についてあまり報道されないようなら
カーリングブームではなく
「チーム青森」人気だったてことになるな~
・・・ぎく。

心のどこかで「なあんだ、彼女たちの表情を見れないのか」と落胆している自分もいたりして。^^;男性としての悲しい性ですな。でもカーリング人気が盛り上がったのは、彼女たちの魅力自体もさることながらその競技自体の持つ何とももどかしい偶然性もあるような気がしますねえ。

長年阪神タイガースを応援してきた者からすると、大変近い感じをチーム青森には受けるんですね。

強いから、勝てそうだから応援するとか、ものすごく努力してるから、頑張ってるから応援するとか言うのとちょっと違う感じ。

「何やってるんだよう、もうちょっと上手く出来ないのかよ」
と憤ったかと思うと、途端に大量得点を挙げたりして
「おおー、凄いすごい。むっちゃラッキーやな。俺でも勝てる時あるんちゃうか」
みたいな気がしたりもする(気のせいなんでしょうけどね)。

そういうハラハラドキドキ感。
「自分が見守っててあげないとだめなんじゃないか」感。
これですね。阪神タイガースと相通じるのは。

最近のタイガースは強くなってきたので、どうもこの「見守っててあげないと」感、道楽息子な感じが薄れてきましたから、その反動として社会が求めている新しい「応援したくなる愛すべき不良」として、かの女子たちは格好の存在なのかもしれません。

で、チーム長野も同じような存在になれるのかな。どこかのヨーロッパの選手団みたいにすっげーおっかないオカーサンばっかりだったら・・・どうしたらいいんでしょう、僕は。映画「シムソンズ」も楽しみですね。以下は原作本です。北海道の登呂町での実話がモデルになったって聞きましたけどね。加藤ローサちゃんが主演なんでしたっけ・・・と言われればやっぱり見たいな。

シムソンズシムソンズ
森谷 雄

ポプラ社 2005-12
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

一方、こちらも思いっきり身を入れて応援していたWBC日本代表は負けてしまいました。どうやら日本にとってWBCは敗戦の時のようです。WBCについてはまた機会を見て、もう少し自分の中で意見がまとまってから書こうと思います。しかし、久しぶりにしびれる好試合でした(仕事中だったって?^^;)。

|

« 個人ブログってソロ活動みたいなものか | トップページ | 企画は二割、段取りが八割 »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/56831/9122648

この記事へのトラックバック一覧です: チーム青森の次はチーム長野?:

« 個人ブログってソロ活動みたいなものか | トップページ | 企画は二割、段取りが八割 »