« ジャンプ原田「らしい」違反失格 | トップページ | 「ウェブ進化論―本当の大変化はこれから始まる」が気になる »

2006年2月16日 (木)

なんでやり直しで銀メダル?

mu-060215-08日本勢が振るわなくったってオリンピックは面白いです。

昨日はフィギュア男女ペアの中国・張丹、張昊ペアが話題をさらいました。かなり激しい(それも女子選手への)ダメージがある怪我のため演技を中断して、処置を施した後に演技を再開し銀メダルを取るのですからその精神力たるや立派なものです。

ただ、門外漢からすると「演技を失敗して怪我をしたのになんで点数が高いんだろうか」「自分たちの失敗で演技が中断するほどの負傷をしちゃったのだから、そもそも中断の時点で演技は終了とみなされても仕方がないんじゃないのか」という疑問は自然と沸いてくるのですが、日刊スポーツ「中国ペア中断も総立ちの拍手/フィギュア」によれば

 靴ひもが緩んで中断することはあるが、失敗による負傷で中断することは異例。テクニカルコントローラーを務めた平松純子・国際連盟技術委員は「医学的な問題の場合は2分間の猶予があるので問題ない」と説明した。

とのこと。

んー、でもなんかしっくりこないんだよなあ。あれだけ派手に転倒して銀メダルというのが。いや、精神力は認めますし、よくがんばった中国ペアには拍手を贈りたいんですけどね。

一方、僕が生中継で見てたのは新種目ノルディックスキー距離の男子団体スプリント。決勝戦でゴール前のデッドヒートは本当に素晴らしかった。体力の限界まで滑る感じで選手が皆超人のように感じるので好きなんですよ、クロスカントリーって。

1.2kmほどのコースを二人でリレーしながらクロスカントリースキーで走破するんです。直線部分や平坦なフィールドでのカーブ部分には轍のようなスキーのレールが設けてあるので、線路の上を選手たちが連なって走る様は鉄道模型を思わせます。

一人3本、合計6本。陸上で言えば400m×4リレーみたいな感じですね。体力の限りを尽くすのですが、その最後の最後に来て大外を一気に抜気去った後に、うさぎ跳びのような感じで何度も何度もスパートを掛けてのゴールイン。でも勝ったのがどこの国だったのか覚えてない(正解はスウェーデン)。

でもなんでツルツルのスキー板を履いて足を前後に滑らせているだけで坂道を登れるんでしょうか。まったくスキーを「ハ」の字に開かないでも上っていける道理が全然わかりません。かといってストックのチカラで登っているわけでもなさそうです。色々勉強になります、オリンピックは。色々出来る人がいるもんです。普段はどんな感じなんでしょうか、あの人たち。

日本の女子はこの種目で初の入賞、8位。立派だと思います。オリンピックサイトで見やすいのは日刊スポーツですね。特に結果のページが見やすい。

雪と遊ぶスノーシューテクニック&フィールドガイド雪と遊ぶスノーシューテクニック&フィールドガイド
栗田 和彦

山と溪谷社 2002-11
売り上げランキング : 238,349
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

|

« ジャンプ原田「らしい」違反失格 | トップページ | 「ウェブ進化論―本当の大変化はこれから始まる」が気になる »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

オリンピックを見てるので、毎日が寝不足です(笑
岡崎朋美も惜しかったですねー。
彼女の本番の強さにはいつも感心します。

投稿: 吉田誠 | 2006年2月16日 (木) 09:42

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/56831/8680846

この記事へのトラックバック一覧です: なんでやり直しで銀メダル?:

« ジャンプ原田「らしい」違反失格 | トップページ | 「ウェブ進化論―本当の大変化はこれから始まる」が気になる »