« ユーリズミックス「アルティメット・コレクション」 | トップページ | なんでやり直しで銀メダル? »

2006年2月12日 (日)

ジャンプ原田「らしい」違反失格

f-sp-060211-3306祝・オリンピック開幕。

と言いたいところですが、序盤から残念なニュースが。

Asahi.com:ジャンプ原田、まさかの失格 スキー板が規定超えるより

 トリノ冬季五輪のノルディックスキー・ジャンプノーマルヒル予選に出場した原田雅彦(雪印)は規則違反で失格になった。
まさか・・・ドーピングとかで失格?そんな邪推が頭をかすめつつ先を読むと・・・。
ノーマルヒル(NH)でK点に到達する95メートルを飛び、予選突破を濃厚としたはずだった。だが37歳の原田は体重に比べて規定以上の長いスキー板を使用したため、まさかの失格となった。(共同通信)
体重によって決められているスキー板の長さが規定より長すぎたらしいです。逆の言い方をすればあと体重が200gあれば問題なかったらしく、体重計測の前にペットボトル分の飲み物を一本飲めば違反にはならなかったとのこと。今風に言えば「モッタイナイ!」の一言でしょうか。

せっかく好調と伝えられていたのに、37歳で5回目のオリンピックとは思えないほどの凡ミスで失格。彼の凡ミスを指摘する論調もそこかしこに見られます。

でもね。

こういうチョンボを犯すような性格だからこそ、長野オリンピック団体戦での大飛躍もあったんですよね。いつもニコニコ(本人は笑ってるつもりはないらしいようですが)して僕たちの気持ちを和ませる優しい選手でありながら、ダイナミックで思いっきりが良いジャンプは男性的で豪快そのもの。その二面性こそが彼の魅力だったはずです。あのダイナミックな飛翔は細かいことにとらわれず、ひたすら強く、高く、遠くまで飛ぶことに集中するからこそ生まれるもののような気がするのです。だからこそ僕たちの国は彼をオリンピックに五回も送り込んだんですよね。

規則ぎりぎりにまで板を延ばしその末に違反となったのじゃなく、61キロの規定のところを「60キロでいいと勘違いしていた」上に「良かったです。あした(決勝)頑張りましょう」とまで言っていたぐらいです。結果は「モッタイナイ!」の一言ですが、彼らしいエピソードがまた一つ加わったと思うことにしましょう。

Nikansports.com:原田失格「初歩的ミスです」/ジャンプ

ジャンプ前のアナウンスでは、功績をたたえられながら紹介された。「サーティーセブンイヤーズオールド(37歳)、アメージングジャンパー(驚異のジャンパー)、ハラダマサヒコ」。

とも聞いています。リスペクトを受けながら大会に出場し、ジャンプも失格騒ぎも自分らしさを存分に発揮し始めた原田選手。僕はジャンプを見ていないのですが、写真を見る限りでは非常に綺麗にまとまってます。失格なんか気にせずに好調をキープして120mジャンプ見せてください。ラージヒルも団体戦も応援しましょう。

【追記】
あ、ラージヒルや団体は出ないのかな^^;

スキージャンプ・ペア オフィシャルDVDスキージャンプ・ペア オフィシャルDVD

エイベックス・マーケティング・コミュニケーションズ 2003-12-10
売り上げランキング : 2,407
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

|

« ユーリズミックス「アルティメット・コレクション」 | トップページ | なんでやり直しで銀メダル? »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

原田って選手は、実に面白いですね。
「俺たちの税金でオリンピックに送っているのに!」と詰まらない事を言う人も居られますが、私は非常に面白い人だと思います。
朝ズバッで、みのさんは怒ってましたね(^^;;

投稿: 吉田誠 | 2006年2月15日 (水) 09:34

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/56831/8619704

この記事へのトラックバック一覧です: ジャンプ原田「らしい」違反失格:

» 愛子ちゃん♪メダルは・・・ [わたし的ちょこっとだけシアワセ♪]
【フリースタイルスキー】 モーグル予選通過の愛子ちゃん・里谷・伊藤選手 決勝は・・・ まさか・まさかの結果となりました。 愛子ちゃん5位・里谷選手15位・伊藤選手20位 優勝はカナダのジェニファー・ハイルでした。 <金>が獲れる板だったんですけどねぇ...... [続きを読む]

受信: 2006年2月12日 (日) 13:14

» 原田らしい [かきなぐりプレス]
スキージャンプの原田雅彦が予選で失格した。 37歳のベテラン。 5度目のオリンピック出場を果たしながら、単純な勘違い、というのだから原田らしい。 自分の体重で乗れるスキー板の長さが長かった。その長さの板に乗るためには200g体重が足らなかった。 それは分かったとしても、飛んだ後でそんなことを検査するシステムの方がおかしい。 ボクシングのように試合前に体重を計量して、使える板をその場で渡せばいいような気がする。 リレハンメルのジャンプ団体で原田が普通に飛べば間違いく... [続きを読む]

受信: 2006年2月12日 (日) 14:27

» 原田雅彦(ジャンプ)が失格 [時評親爺]
12日付産経新聞(共同配信)が伝えているが、スキージャンプ・ノーマルヒル出場の原田雅彦選手(37)が、予選でK点ジャンプ(95m)を飛びながら規定に反して失格となった。以下に産経報道を引用抜粋する(文中の太字・下線は筆者による)。 > ジャンプではスキー板が長く、体重が軽ければ、より揚力を得て飛距離が伸びる。条件の違いによる不公平を > 抑える目的で国際スキー連盟(FIS)は板の長さを制限している。まず身長に応じた板の上限を定め、 > さらに体重によって細かく長さを刻む。 > 規則による... [続きを読む]

受信: 2006年2月12日 (日) 15:25

» 愛子さん、原田さん。 [「オフィスもに」の代表者がお届けする、会話術向上委員会]
愛子様、5位入賞でしたね。おめでとう御座います。本当に。7位→6位→5位と、着実 [続きを読む]

受信: 2006年2月12日 (日) 16:43

» 原田ああああああぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ! [壁に耳あり、クロードチアリ。]
俺は原田雅彦の生き様が好きだ。 イチかバチか、大ジャンプか大失速か。 本人はそのつもりは無いかもしれないが、彼は笑いの神と勝利の女神を同時に引き寄せられる稀有な存在、いや「ジャンプ界のファンタジスタ」と言っていいのではないだろうか? それだけに今回の原田..... [続きを読む]

受信: 2006年2月13日 (月) 22:52

« ユーリズミックス「アルティメット・コレクション」 | トップページ | なんでやり直しで銀メダル? »