« 2006年1月 | トップページ | 2006年3月 »

2006年2月の記事

2006年2月28日 (火)

早起きをするために良い方法はないのか

昨晩、久しぶりに腹痛に見舞われました。どうも先週の出張来、体調が最悪のようです。家族それぞれにどうも体調が良くなさげなのですが・・・。今日で二月も終了です。あっという間だったなあ。出張が2回もあった割には進展がなかった一月だったような気がする。やっぱり体調ってすごく大事かも。

夜更かしで体調が悪くなり早起きできずに頭の整理がつかず仕事の効率が悪い。

この悪循環を一気に好転させるべく今日はもう寝ることにします。というか今年こそ「早起きして真向法をして頭すっきりで会社に行くんだ」という誓いを立てたのだですが、まだ10日も守れていないんじゃないだろうか。以前、早朝の番組を担当していた時は金曜の朝6時前に自然と目が覚めて、6時半には家を出ていたので何事も意識の差なんでしょうね。今は起きなくても誰にも迷惑掛けないわけだから。でもホントは自分でやろうと思っていることが出来ないんだから、自分で自分に迷惑を掛けているんですよね。それを痛感できる上手い方法を思いつけばいいんだろうな。

ではでは、おやすみなさい。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

巨乳のチチかく語りき

「楽しいと楽(らく)は違う」

良い言葉だと思ったのでメモ代わりに。

月刊チャージャー2月号:グラビアアイドルの"チチ親"野田社長の巨乳ビジネス一代記より

 仕事っていうのは楽しいからやる……。それでいいんじゃないかな? キツくても楽しければ続けられると思ってる。その気持ちは今も変わってないし。でも、今の人は「楽しい」と「楽(らく)」を勘違いしている人がいる。「楽しい」っていうのは決して「楽か、苦しいか」の基準じゃないから。人生、楽な方に流されるのと、楽しいことを選ぶのとでは全然違うんだよね。
野田義治さんって巨乳で有名なタレント事務所の社長さんですけど、言ってることは至極まともな人生訓でした。お色気たっぷりの(って古い言い方だなあ)タレントに囲まれている印象とは違って、実際にはとても苦労人でしっかりした人なんでしょうね。

続きを読む "巨乳のチチかく語りき"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年2月27日 (月)

舞台「レインマン」感想

昨年までほとんど演劇を生で鑑賞したことがなかったのですが、そろそろ中年夫婦で楽しめる趣味というものを持っておくのも悪くはないだろうとも考えて、年に何度かは演劇鑑賞をしようかなと考えています。

で、先週末に夫婦で行ったのが橋爪功、椎名桔平主演の「レインマン」@シアターBRAVA!でした。

十数年前に劇場で映画を見て、かなり感動したはずなのですが、全然筋を覚えていない自分にもビックリしましたが、それとは対照的な橋爪さんのセリフ覚えの良さにはビックリしました。

自閉症で天才的な暗記の才能を持つ歳の離れた兄レイモンドというのが彼の役どころなのですが、「ワールドカップの得点王から円周率の数字まで、普通の人にはおよそ覚えても意味のないことを完璧に覚えている」という設定のためにセリフもまたワールドカップの得点王の羅列だったり、円周率の数字の丸暗記だったりするのですが、これを滔々とかなりの早口でまくし立てるのにはビックリしました。

舞台の評価が橋爪さんの暗記力というのも変なので他にも感想を書いておきましょうか(笑)。

続きを読む "舞台「レインマン」感想"

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2006年2月25日 (土)

「ポッドキャスティング」の認知度は約4割

先週は出張に加えて風で体調を崩していたので全然ブログを書けませんでした。そんな訳で書きたかったけど書けなかったネタがいっぱいたまっているのです。だいたいこういう時は時機を逸してしまったものは捨てちゃうのですが、メモ代わりに幾つかは思い出したように書いてみます。

CNET Japan:「ポッドキャスティング」の認知度は約4割--コンテンツはまだ不足気味より

 回答者のうち、iPodなどの携帯デジタルオーディオプレイヤーの所有率は26.7%で、ポッドキャスティングというサービスの認知度は 42.1%と、サービスが登場してから短期間にもかかわらずに比較的認知されている。しかし、利用経験者は3.4%にとどまり、実際の利用にはまだ至っていないようだ。
200万人ぐらいは居るってことになるのかポッドキャスティングのリスナー。意外と多い気がするなあ。

続きを読む "「ポッドキャスティング」の認知度は約4割"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

荒川静香が金メダル獲得!

ka-060224-21トリノ・オリンピック女子フィギュアスケートで荒川静香選手が金メダルを獲得しました。イタリア紙「ガゼッタ・デロ・スポルト」は1面で荒川の写真を掲載し、記事では「バレリーナにスケート靴を履かせたようだった。観客は氷上にドガ(フランス人印象派画家のエドガー・ドガ)の絵を見た」と絶賛されたようです。ブラボー!おめでとう!

4年前の話ですけど、彼女の演技を生で見たことがあります。NHK杯が京都の京都アクアリーナで行われた時のことです。その時の女子の順位は優勝が恩田美栄、2位がイリーナ・スルツカヤ、3位が荒川静香、4位が村主章枝でしたから、今回のオリンピックの上位者がずらりと揃った大会だったのですね。荒川選手のことも大変印象に残っています。

続きを読む "荒川静香が金メダル獲得!"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年2月17日 (金)

及川選手ってびっくりドンキーなんだ・・・

mu-060215-05スピードスケート男子500mで4位入賞を果たした及川佑選手の所属ってハンバーグレストラン「びっくりドンキー」なんですね。知ってました?知らなかったんです、僕は。それを知った途端、びっくりドンキー行きたくなっちゃいました。しかし、そういう「次の日の職場の話題」に繋がるコネタをなんで放送では言ってくれないんだろうか。不親切だなあ。

続きを読む "及川選手ってびっくりドンキーなんだ・・・"

| | コメント (1) | トラックバック (1)

2006年2月16日 (木)

「ウェブ進化論―本当の大変化はこれから始まる」が気になる

R30::マーケティング社会時評:「書評「ウェブ進化論―本当の大変化はこれから始まる」・下」という書評が面白い。まずは梅田さんの著書の引用から-。

 ファッションという、感性の領域の現場にいるライターさんから見た「生き残るオールドマスコミとそうでないもの」の区別が、面白い。彼女によると、ネットに単純に収斂しそうにないカテゴリーとして「外資系ラグジュアリーブランド、芸能人、スポーツ」という3種類のコンテンツが挙がっている。これらのコンテンツを扱うメディアは、ネットにはシフトしないだろうという。鋭い指摘だ。
芸能人とスポーツを扱うメディア・・・テレビそのものじゃないか!でも、この中には報道を扱うメディアは入っていないのだろうか・・・。入っていないんじゃないかと思う。

となると、放送は報道を切り離して生き残るってことなのかな。

ウェブ進化論 本当の大変化はこれから始まるウェブ進化論 本当の大変化はこれから始まる
梅田 望夫

筑摩書房 2006-02-07
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

続きを読む "「ウェブ進化論―本当の大変化はこれから始まる」が気になる"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

なんでやり直しで銀メダル?

mu-060215-08日本勢が振るわなくったってオリンピックは面白いです。

昨日はフィギュア男女ペアの中国・張丹、張昊ペアが話題をさらいました。かなり激しい(それも女子選手への)ダメージがある怪我のため演技を中断して、処置を施した後に演技を再開し銀メダルを取るのですからその精神力たるや立派なものです。

ただ、門外漢からすると「演技を失敗して怪我をしたのになんで点数が高いんだろうか」「自分たちの失敗で演技が中断するほどの負傷をしちゃったのだから、そもそも中断の時点で演技は終了とみなされても仕方がないんじゃないのか」という疑問は自然と沸いてくるのですが、日刊スポーツ「中国ペア中断も総立ちの拍手/フィギュア」によれば

 靴ひもが緩んで中断することはあるが、失敗による負傷で中断することは異例。テクニカルコントローラーを務めた平松純子・国際連盟技術委員は「医学的な問題の場合は2分間の猶予があるので問題ない」と説明した。

とのこと。

んー、でもなんかしっくりこないんだよなあ。あれだけ派手に転倒して銀メダルというのが。いや、精神力は認めますし、よくがんばった中国ペアには拍手を贈りたいんですけどね。

続きを読む "なんでやり直しで銀メダル?"

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2006年2月12日 (日)

ジャンプ原田「らしい」違反失格

f-sp-060211-3306祝・オリンピック開幕。

と言いたいところですが、序盤から残念なニュースが。

Asahi.com:ジャンプ原田、まさかの失格 スキー板が規定超えるより

 トリノ冬季五輪のノルディックスキー・ジャンプノーマルヒル予選に出場した原田雅彦(雪印)は規則違反で失格になった。
まさか・・・ドーピングとかで失格?そんな邪推が頭をかすめつつ先を読むと・・・。
ノーマルヒル(NH)でK点に到達する95メートルを飛び、予選突破を濃厚としたはずだった。だが37歳の原田は体重に比べて規定以上の長いスキー板を使用したため、まさかの失格となった。(共同通信)
体重によって決められているスキー板の長さが規定より長すぎたらしいです。逆の言い方をすればあと体重が200gあれば問題なかったらしく、体重計測の前にペットボトル分の飲み物を一本飲めば違反にはならなかったとのこと。今風に言えば「モッタイナイ!」の一言でしょうか。

続きを読む "ジャンプ原田「らしい」違反失格"

| | コメント (1) | トラックバック (5)

2006年2月10日 (金)

ユーリズミックス「アルティメット・コレクション」

懐かしの"Sweet Dreams"が聴きたくって買ったのですが、出張中の新幹線で繰り返し聴いていて、"17 AGAIN"というチューンにすっかり参ってしまいました。ちょっと調べてみると1999年作品「PEACE」の収録曲らしいのです。僕の知ってるユーりズミックスは80年代のそれだから、道理で知らないはずです。でも、すごく良い曲で好きになりました。

アルティメット・コレクションアルティメット・コレクション
ユーリズミックス

BMGファンハウス 2006-01-25
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

この曲は80年代の名曲"SweetDreams"へのアンサーソングにもなってるんですね。それが"SweetDreams"を知る世代にとっては懐かしくも楽しかった昔を思い出してがんばるという効果と、「現在ただいまだってティーンエイジャーに戻ったような感覚でがんばるのよ」みたいな今の自分たちを鼓舞するという効果の、一粒で二度美味しい感じがするんです。

続きを読む "ユーリズミックス「アルティメット・コレクション」"

| | コメント (3) | トラックバック (0)

熱いメッセージとクサい表現

熱いメッセージを伝えようとして、表現がクサくなってしまうのは如何なものか。
熱さがすべて伝わらなくても、クサくない表現で伝えることのほうが良いのではないか。

とある人に指摘されました。すごくドキリとしました。

続きを読む "熱いメッセージとクサい表現"

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2006年2月 9日 (木)

モノポリー発売70周年記念大会出場を断念

子供のクリスマスプレゼントがスコットランドヤードだったことに端を発する我が家のボードゲームブームは、来週の月曜日に朝から東京で仕事があるのを良いことに、公式ルールすら全然知らない公式戦の経験の全くない僕が無謀にもモノポリー発売70周年記念大会にエントリーするところにまでエスカレートしていたのですが、土曜日に出勤をすることになりまして、やむなく日曜の状況は見合わせることになりました。残念です。

当日、受付も十分可能なようですので、私の代わりに参戦したい方は是非。ちなみに70周年モノポリーが商品として出るとのことです。これが欲しかったんですよねえ。

モノポリー70周年記念エディション「英語版」モノポリー70周年記念エディション「英語版」

トミーダイレクト
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

続きを読む " モノポリー発売70周年記念大会出場を断念"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年2月 8日 (水)

ボーちゃん空を飛ぶ

060208_231327うちの子供って天才じゃないんだろうか。

「クレヨンしんちゃんに出でてくるボーちゃんが空を飛んでる夢を見たんだ。いつも垂らしている鼻水をブルンブルンと回すとちょうどヘリコプターみたいに空を飛ぶことが出来るんだ!」

朝食の時に夕べ見た夢の話を息子がアツく語ります。そりゃあすごいぞ!

図はさらに詳細なヒアリングを施した後に、私が書いたもの。実際の夢では「緑の山々」の前に「白いビルディグ」が立ち並ぶ海に面した町があって、ボーちゃんは「緑の半ズボン」を履いていたとのことで総天然色だったものと思われます。彩色したら再度アップしますね。

続きを読む "ボーちゃん空を飛ぶ"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

高価な上着よりも良い姿勢

フレッド・アステアを思わせるその紳士は、洋服を選んでいる時から既におしゃれに見えました。

一週間ほど前、久しぶりにセレクトショップに行ったのですが(結局、何も買わなかったけど)、そこで見かけた初老の紳士がすごく印象に残っています。ジャケットを試着していたのですが、何が格好良いといってその姿勢の良さでした。なで肩のどちらかといえば華奢な体で背筋をピンと伸ばしながら、胸を張り、顎をやや上げ、目線を心持下げた感じ。しかし胸の肉は意外と落ちていない。ツンツンしているちょっと手前。その風貌が往年のミュージカルスター、フレッド・アステアを思わせたのでした。姿勢が良いというだけでもう十分に格好良かったのです。

続きを読む "高価な上着よりも良い姿勢"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年2月 7日 (火)

段取りの下手さをリカバーする4つの道具

社会人になって間もなく18年にもなるのに今だに仕事の段取りが下手クソです。

今、「下手です」と普通に書いて、「下手クソです」と書き直しました。それくらいダメダメです。

でも、そのダメダメな段取り能力をサポートするノウハウはちょびっとだけ持ってます。道具です。最近のお気に入りのスケジュール管理ツールはこんな感じ。
フランクリンプランナー
ほぼ日カレンダー
check*pad
・バブルマップ

続きを読む "段取りの下手さをリカバーする4つの道具"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年2月 6日 (月)

ニュースの時間にブログを書く

「暇だなあ、何か面白いことないかなあ」

僕の知人がそんな風に思ってネットにアクセスした時に、ちょうど僕のブログが記事を更新したばかりだったら・・・きっと読みに来てくれるはずですよね。そこで上手い方法を考えついたんですよ。

朝、昼、夕、夜と日に4回、ニュース番組が放送される頃にブログを書くんです。

続きを読む "ニュースの時間にブログを書く"

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年2月 5日 (日)

英語が苦手な大人のDSトレーニング えいご漬け

言葉を覚えるってのは勉強ではなくってスポーツなんだ。

そう思いました。

英語が苦手な大人のDSトレーニング えいご漬け英語が苦手な大人のDSトレーニング えいご漬け

任天堂 2006-01-26
売り上げランキング :
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

寄藤文平さんの可愛らしいイラストがパッケージを飾っていたりして(ゲーム画面に出てくるイラストはちょっとテイストが違うような気がします)、およそ体育会系の「体で覚えろ」的な考え方とは違うもののようではありますけれど、やってみると同じリクツであることに気がつきます。「頭で理解するんじゃない。繰り返し繰り返し練習して体で覚えるんだ」っていうアレですよ。

ものを覚える時に手を動かすことってやっぱり大事なんですね。

続きを読む "英語が苦手な大人のDSトレーニング えいご漬け"

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年2月 4日 (土)

Skypeってスゴイ

skype遠いからやめておこう、お金がもったいないから我慢しよう。

そういう制約の壁を打ち破ってきたのが人類の歴史だったりするのですけど、また一つそういう壁を打ち破るサービスを知ってしまいました。インターネット電話のSkypeです。

実際に使ってみるとその便利さ、安さはメチャクチャ優れものです。国際電話が定義していた、地球の裏側との声のコミュニケーションの相場、常識ってものが音を立てて崩れちゃいますね。

続きを読む "Skypeってスゴイ"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年2月 3日 (金)

検索エンジン戦争

ウェブ・デザインというよりも、コンテンツを日々更新、制作、運用している人にオススメ。

検索エンジン戦争検索エンジン戦争
ジェフ・ルート 佐々木 俊尚

アスペクト 2005-07-26
売り上げランキング : 2,309
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

検索エンジンのこれまでの歴史と、現在、その周りでどういうビジネスモデル(特にアフィリエイト広告)が動いているのかについてすごく良くまとまってる本です。デスクトップ検索やパーソナライズ機能への展望なども少し触れられていて判りやすくまとまっている本だと思います。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

手術成功率は98%です!?

手術成功率が98%・・・これって果たして高い数字なんでしょうか?

インプラントなら大阪インプラントセンター:インプラント実績より

非常に難しい症例でも99%の確率でインプラント治療をお受けいたします。 インプラント
手術は専用の手術室で全身管理の下、行います。 手術成功率は98%です。まずは、ご相談
だけでも是非一度ご来院下さい。 ...
グーグルのアドワーズ広告に売り文句として「手術成功率98%!」と書いてあったんで思わずクリックしてしまったんです。普段あんまり広告をクリックしないほうなので、広告のキャッチコピーとしてはよく出来てるんでしょうけど。でも・・・。

98%って誇れるほどの成功率なんでしょうか。

2%はどこへいったんでしょう。って、成功していないんだから、失敗してるんですよね。ということは失敗率2%ってことですよ。僕ならちょっと考えちゃうなあ。

続きを読む "手術成功率は98%です!?"

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2006年2月 2日 (木)

行っちゃったほうが早いんじゃないの

ana_logo行っちゃったほうが早いんじゃないの!?

ANAの「エコ割」のCMで聞くこのキャッチコピー、なかなか示唆に富んでて好きなんですよ。僕が見たTVコマーシャルはロケ代を浮かそうと日本の海辺でロケをしてると地元の猟師さんたちが映りこんでNGを連発しちゃうっていうバージョン。

続きを読む "行っちゃったほうが早いんじゃないの"

| | コメント (2) | トラックバック (2)

類型と典型

「類型はダメ、典型じゃないと」

その昔、テレビディレクターとして腕を振るったYさんと久しぶりに会いました。定年退職して今は悠々自適の生活を送ってるとのことでうらやましい限りですが、70年代のテレビ制作ウラ話などを聞いていて、ひとつ気になったのが冒頭の言葉でした。最初、言葉の違いがよく分からなかったのです。芸術の表現については言い古されている言葉らしいのですが、何せ不勉強なものなので。

いまだに自分の言葉で上手く言い表せないのですが、これは何かとても大切なことを聞いたような気がするので書いておきます。

続きを読む "類型と典型"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年2月 1日 (水)

ドンマツオ・ソロツアー@十三ファンダンゴ

我ながらヤラれちまったかなと思う。
ドンマツオのソロ・アルバムに。
そして昨日のパフォーマンスに。

アルバム「オレハシナイヨ。」について24日に書いた後、1週間の間に公私共に色々とあったにもかかわらず(いや、色々とあったが故にかな)、この1枚のアルバムを延々と聴き続けた。僕にとっては聴きやすいのだ。彼が言おうとしていること、伝えようとしていることが、僕の受け取りたいもの、僕自身もまた言い表したいこととうまくフィットしてるからなんだろう。

で、迎えた待望のライブだったのだ。忘れないうちに感想を書いておこう。

続きを読む "ドンマツオ・ソロツアー@十三ファンダンゴ"

| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2006年1月 | トップページ | 2006年3月 »