« 阪神優勝もまだ道半ば | トップページ | 部下に対する気の遣い方 »

2005年10月 3日 (月)

里山ウォークデイ&国領温泉

昨日、「里山ウォークデイ」なるイベントに参加するため兵庫県丹波市まで行ってきました。

数年来、購読しているメールマガジン「今日の雑学+(プラス)」の読者交流会もあるということで参加したのですが、メルマガ発行者の小橋昭彦さんとは昔ちょっとしたご縁で面識があったので、ご挨拶も兼ねて行ってきました。

遠くを走る高速道路の騒音がすうーーーーーっとわずかに聞こえる程度。ちゅんちゅん、ちーちー。鳥の声と虫の音だけが響く「里」の風情。都会からわずか一時間少しでこんなところに行き着けるんですね。ぜんざい、鴨鍋、焼き芋(自分で掘ったやつを焼く!)。養蚕民家、縄綯い(なわない)、脱穀機。いろいろ体験させてもらって家族で二千円。ちょっとしたテーマパークよりよっぽどお得です。

で、帰りにもう一つの目的地、国領温泉へ。

非常にマイナーな場所にありますです。通り道って感じのところにはないので、舞鶴道春日インターからどんどん山にむかって道を進めないといけません。でも南紀にある温泉群のように山の中って感じでもありません。山のふもと、あと少しで里が終わっちゃうよってとこぐらいにあります。国領温泉助七旅館

正直、サービスがいいとは言いがたいお宿なのですが(苦笑)、お湯の質はベリーグー。お湯から上がってドライブして帰ってきてもすごく体が軽いんです。血行がよくなるんでしょうか、体中が軽くなった気がします。ここんところ半年ぐらいの間、ずっと腰に張りを抱えてた僕ですが、その効能ははっきりと体感できました。お湯はちょっと関褐色に濁ってますが、熱くはありません。露天風呂もあって、家族4人でタオル借りて2,600円だったっけかな。里山ウォークより高くついちゃいましたけど。

たまには近場で日帰りというのもいいですね。家族は「来週は姫路城に行く」なんて行ってますけどね。方向だいぶ違うぜ、それ。

うーん、最近ブログが、「こんなことしました、以上」で終わってるな。

|

« 阪神優勝もまだ道半ば | トップページ | 部下に対する気の遣い方 »

」カテゴリの記事

コメント

家族サービスと言いながら、自分も癒されてるんですよねー。
姫路城、是非行きましょう(^^)v

投稿: 吉田誠 | 2005年10月 4日 (火) 09:14

いい家族サービスの一日ですねぇ。
我が家のほうはどうも、なかなか休日がない亭主を置いていくケースがここんところ増えてまして、最近なにかレジャーの予定を立てるたびに亭主を振り返り、「どーする、一緒に行く?」と聞くような日々(汗)…。

投稿: horihori | 2005年10月 8日 (土) 16:36

>まことさん
姫路城は今月末に延期になりました。

>horihoriさん
ああ、うちも置いていって欲しい(本音)。byどっちかっていうと引きずっていかれる亭主。ちゅーか、鞭打たれて馬車を引かされる老馬、みたいな。

投稿: コイッチ | 2005年10月11日 (火) 00:21

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/56831/6238309

この記事へのトラックバック一覧です: 里山ウォークデイ&国領温泉:

« 阪神優勝もまだ道半ば | トップページ | 部下に対する気の遣い方 »