« 2005年8月 | トップページ | 2005年10月 »

2005年9月の記事

2005年9月29日 (木)

阪神優勝もまだ道半ば

岡田監督、選手の皆さん、本当におめでとう。

9/7、ナゴヤ球場での延長戦の死闘を制した時に、優勝を確信しました。多くのファン、選手、スタッフもそうだったのではないでしょうか。優勝監督インタビューでも岡田監督自身がこのゲームが「一番嬉しかった」と言ってました。

続きを読む "阪神優勝もまだ道半ば"

| | コメント (1) | トラックバック (1)

BlogPeople loves TIIDA 始まりました

自分の価値観に近い人が書いてるブログとか、自分の好きな話題についてよく書かれているブログが、自分にとっては「お気に入りの場所」になって、それが段々と自分流の情報源になっていくところがブログ読みの醍醐味です。

そういう「お気に入りブログ」同士をある特定の話題、キーワード、お題で繋ぐともっと面白なりまっせ、というのがBlogPeopleというサービスなのですが、そこで「日産TIIDAのファン同士をブログで繋いじゃえ!」という面白い試みが始まった模様です。

TIIDA BLOG
つながるしくみ、つくりました。

Modern Syntax
BlogPeople loves TIIDA 始まりました


ブログなどを通じて口コミで爆発的に評判が広がっていくのをマーケティングに利用することを、「バズ・マーケティング」とか「バイラル・マーケティング」と呼ぶようですが、この企画の目的もまさしくそこでしょう。

続きを読む "BlogPeople loves TIIDA 始まりました"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年9月27日 (火)

つっこみ忘れました

今月三回目の東京出張。しかも全部日帰り。さすがにバテ気味です。ダッシュを繰り返す基礎体力トレーニングを思い出します。コートの端まで走っていって、エンドラインにタッチしては帰ってくる、アレですね。ハイ、続けて3本いってみようかあ、みたいな。

気分によって飛行機だったり、新幹線だったりするのですが、今日は新幹線。で、行きの車中で、ふと昨日の打ち合わせのことを思い出しました。

050927_231256初対面の方だったので名刺交換をしたのですが、その名刺が一風変わったもので、表には名前だけ、ウラは黄×黒の派手なデザインにメールアドレスだけ。いやあ、突っ込みどころ満載の名刺でした(写真:手前のは僕の名刺)。

ところが。

売れっ子ライターのこの某氏を前に緊張したこともあってか、フツーに名刺交換して、フツーに要件切り出しちゃったんですね。「うわあ、これ、めっちゃ変わった名刺ですね」その一言が言えなかった。やっぱり言うべきだったなあ。

続きを読む "つっこみ忘れました"

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2005年9月16日 (金)

歴史の教科書を買う

何かと物議をかもしているわが国の歴史の教科書ですが、本日、書店で山川出版の教科書「詳説世界史B」を購入しました。

パソコンの戦争ゲーム「Age of Empire」にはまっておるわが息子(今さら感バリバリ)に「ヒッタイトってナニ?」「アッシリアってドコ?」と聞かれても答えられないので困ってしまい、「それじゃあ一緒に勉強でもしますか」ということで買ってきたのですよ。

続きを読む "歴史の教科書を買う"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年9月11日 (日)

投票日にクロネコメール便

衆院選の投票に行ってきました。

投票所は意外と人が多かったような気がします。過去最低だった前回よりは投票率も上がるのでしょうか。関心が高いといわれる今回の選挙。テレビでは刺客だ、ホリエモンだと、政策論争でも政権論争でもないことでばかり盛り上がってたようですが、盛り上がらないよりはマシです。皆さんは投票に行かれました?

投票すると「投票済証明書」なんてものがもらえるんですね。うちの場合は尼崎市の選管なので、市民局の人権啓発質と、図書館と、近松門左衛門の文化振興課の宣伝のついたしおりがもらえました。

その脚で、アマゾンで売った中古CDを送付しようとセブンイレブンへ。CDを送るのにはクロネコヤマトのクロネコール便というのが160円で送れて安上がりです。他にも色んなものが意外と安く送れます。今までは冊子小包とかでおくって200円かかったりしてましたから、毎日、仕事で郵便物を送ってる人にはいいサービスですね。しかも民間。

「郵政民営化の是非を問う!」なんて声高に叫んでいる人たちはさておき、実際に民営化された時に影響を受ける立場である郵便局やクロネコヤマトなどでは、準備というか、戦いは既に始まってるんですね。今更、民営化しないなんてありえないんだな、と感じた投票日でした。

ついでにグリコの「ウォータリングキスミントガム」っつーのが気になって買って帰る。いま、噛んでますけど、さほど潤う感じでもないんだけどなあ。口の中が潤うと「息をきれいに保て」るらしい。乾くといかんのか。

このガムのCMにはK1の須藤元気が起用されてるのですが、スーツ姿が格好いいです。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2005年9月 7日 (水)

ほっとけない「ほっとけないプロジェクト」

以前書いたホワイトバンドなる活動ですが、どうも詐欺だと思われても仕方ないような・・・。


大佐blog in ニュー速」より
大佐blog in ニュー速:ホワイトバンドの黒い影
要するに、NGOの政治活動資金と製造コストに全額が使われており、アフリカの子供達には一円も行ってないと言う事が分かる。
僕自身は、納得づくというか、「世界の貧困に目を向ける」ことが主眼だと思っていたので、さほど腹は立たないのですが、ここまで使い方があいまいだとは。

続きを読む "ほっとけない「ほっとけないプロジェクト」"

| | コメント (3) | トラックバック (1)

2005年9月 6日 (火)

コンテンツ制作の生産性

沢木耕太郎「危機の宰相」を読み進んでいるのですが、その中におよそ次のようなことが書いてありました。へー、と思ったのでメモしておきます。

国家の生産性を向上させるには、道路のようなインフラへの投資もさることながら、それ以上に民間企業による設備投資が大切である。
41636491071960 沢木耕太郎ノンフィクション7
沢木 耕太郎

文藝春秋 2004-06-25
売り上げランキング : 148,845
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
経済学については門外漢なので、この信憑性を論じる資格はないのですが、沢木さんを信じて鵜呑みにすることにしました(笑)。で、国家なんて大局から見ても僕の生活にはあまり役に立ちそうもないので、放送局のホームページ制作について当てはめて考えてみました。たぶんこんな感じでしょうか。
テレビ番組のホームページの生産性を向上させるには、サーバーや回線のようなインフラへの投資もさることながら、それ以上に番組制作スタッフによるコンテンツ制作への協力姿勢、意欲が大切である
うわあ、書いちゃったよ。偉そうに。

でも、経験から言わしてもらえばあながち外れてない。現場の人が「こんなホームページを作りたい!」と言ってきた時、それは良いコンテンツを作るチャンスです。

現在、そういう案件が複数あります。ちょっとプレッシャーありますけど、がんばらんとあかんね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年9月 5日 (月)

楽しみな改札、無粋なカメラ

東京を襲った豪雨にびっくりした月曜日でした。被害に遭われた方、お見舞い申し上げます。

最寄り駅の改札口の建て替えがほぼ終わりました。昔懐かしい形はそのままに一回り大きく、天井が高くなったので毎朝気持ちよく改札を通り抜けています。さらには改札横に本屋が出来るみたいでちょっと期待。いつ開店なんだろうか。

続きを読む "楽しみな改札、無粋なカメラ"

| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2005年8月 | トップページ | 2005年10月 »