« 明日への終わりと明日の終わり | トップページ | お気に入りが消える »

2005年5月24日 (火)

ピアノがやってきた

先週の月曜日(5/16)、我が家にピアノがやってきました。

「ピアノのある家=お金持ち」

こういう価値観で少年時代を過ごした者にとっては、ある意味すごく快挙で、「フフ、俺もついに」みたいな勘違いもしそうになったりするのですが、実際の感覚としては「こんなもん買っちゃっていいのだろうか」と未だに思ってたりして、快挙というよりむしろ暴挙ではないかと自らに問いつづける一週間でありました。我ながら筋金入りの貧乏性です。大金持ちになったとて、心にゆとりが生まれる性格ぢゃない、ゼッタイ。

一方、以来、息子は毎朝、ポロロンポロロンと機嫌よくピアノの練習に励むようになりました。それまでキーボードで練習してたのに比べると、音もタッチもホンモノですから、弾いててものすごく気分がいいようです。心なしか上手に弾けるようになったような気もします。

何より、自分の子供が音楽を好きになって、家の中に生の音楽が流れているというのは、例えそれが拙い弾き方であっても、とても情緒豊かな感じがします。

ピアノは物財の豊かさの象徴なのではなくて、情緒の豊かさの象徴であるべきやな、と。そんなことを考えながら、毎朝、息子のピアノ練習を聞いてます。ああ、なんて落ち着いた時間・・・とか、思ってると、見事に音を外すあたりが、また我が家に相応しいカンジですし。

ちなみに中古ピアノです。安かったらしい。ビデオカメラぐらいかな。でも、物はいいようです。全然、僕にはわかりませんが、なかなかの掘り出し物のようです。こういう買い物に関する執着心といえば、うちの奥様に敵う人はいません。ほぼ一人で選定、発注してました。さしてお金持ちでなくともちゃんとピアノが買えるんですね。音楽は金ぢゃない!ってことがわかっただけでも素晴らしいことです。

てなわけで、我が家も気分的にリッチになりましたので、ぜひぜひ、ピアノが弾ける方のご来訪を心よりお待ちしております。ワタクシもいずれ「イマジン」や「レットイットビー」ぐらいを弾き語ってみたいなと思うのですが、ブログすら満足に続かないので無理でしょう。また、ちょこっと書いてみる気にはなってますけど。

|

« 明日への終わりと明日の終わり | トップページ | お気に入りが消える »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

自宅にピアノ、セレブですね。
うちにはせいぜいギター程度しかおけないです。

うちの実家の話ですが、昔は4DKの小さな戸立てで5人住んでましたが、なぜかそんな家にグランドピアノが。
しかも無理やり防音設備まで。。。
当然そんな狭い家だったので、しわ寄せは他の住人にやってきて、そこには10歳くらいまで住んでいたけど、父、兄の3人1部屋でねてました。
時がすぎ、じいちゃんの家(会社)を譲りうけた父は、今度はもてあますほどの部屋があり。結局10年前に取り壊されるまで、部屋の数を数えることができなかった。。。
でも決して生活が豊かでなかったのは、何故?

投稿: ぼちぼち匿名 | 2005年5月24日 (火) 15:16

Let it be...は弾けてたんだけどな~
卒業の為にちょびっとかじりました。。<ピアノ
音って聞くのも楽しいですけれど…
自分で曲(もどきでも)が弾けるとやっぱり嬉しい。。
そのうち、お父さんの好きな曲を子供が演じてくれる。。って、やっぱり素敵だと思います。

投稿: えべっさん | 2005年5月24日 (火) 17:02

ちっちゃい頃、
どーっしてもピアノが習いたくて、
親に懇願したのですが
「ウチのドコにピアノを置くスペースがあるの?」
と言われ、幼心に納得してしまい、諦めました。

しょーがないので、お金持ちの娘の家に行って
毎日ピアノ占領してました。

投稿: 山湯 | 2005年5月24日 (火) 18:02

そういえば、私もイマジンとレット・イット・ビーのイントロは弾ける!

忘れてた。

投稿: ぼちぼち匿名 | 2005年5月24日 (火) 19:51

ピアノネタ、結構盛り上がるんですね。意外でした。

>ぼちぼち匿名さん
ギターは置く場所がなくなって人に譲ったのに、
ピアノは置く場所あるんですね。
でウクレレは二本(一本は作りかけ)。
不思議です、我が家。

>えべっさん
レットイットビーはやっぱり定番ですかね。
家族で音楽というのはエエですよね。憧れます。

>ヤマユ
変な話ですが、ピアノが来ると狭くなると思って
家の中を片付けまくったおかげで、
以前よりも部屋を広く使ってます。
いらないものが多いんですね。僕らの生活って。

投稿: コイッチ | 2005年5月25日 (水) 17:25

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/56831/4260117

この記事へのトラックバック一覧です: ピアノがやってきた:

« 明日への終わりと明日の終わり | トップページ | お気に入りが消える »