« ブログお休みしてる間もブログ | トップページ | 関西のスイッチ私的総括 »

2005年4月 7日 (木)

ホリエモン考

ホリエモンに対する考え方って、なかなか僕の中でまとまらなかったのですが、昨日のエントリーへの返信コメントを考えていて、ちょっとスッキリしたところもあるので書いておきます。

ホリエモンがちょっと勘違いしてるかなと思うところは、「放送業界の古い体質、考え方がネット上でのコンテンツ流通を邪魔してる」という考え方(前提)です。

でも、ネット上でのコンテンツ流通が進んでいないのは「コンテンツホルダー(権利者)とサービス事業者(使用者)の間でネット上の利用許諾(権利処理)ルールが決まってないから」です。これにつきるんですねえ。

つまり、ホリエモンが放送局(=使用者)を買収しても、権利物や権利者を買収したわけではないので、おそらく今はまだ、十分なコンテンツ流通は期待できません。コンテンツそのものを買収あるいは確保すべきなんです。

ところが、売れっ子タレントが出て、メジャーなBGMが流れて、ちゃんとした脚本家、構成作家が書いている番組をネット配信するとなると、その費用が計算できないんです。計算するルールがまだ決まってない、というのが正しいでしょうか。

となると、無名のタレントが出てる、ぱっとしないBGMのついた、対して面白くもない番組・・・ならネット配信できるかも・・・ということになるのですが。

要は、権利クリアできる番組は、テレビ放送で視聴率取れるほどのクオリティではないだろう、ということです。視聴率が下がってでも、ネットに流せる安い権利物を作ろうという放送局はさすがにありません。本業の放送で視聴率が下がれば元も子もないからです。

ホリエモンは、この辺の問題の所在を、勘違いしてる節があるように思えます。放送局を手に入れれば・・・って話じゃないんですね。そういう意味ではホークスという良質のコンテンツそのものを手に入れた孫さんのほうが王道だと思います。

うちの局のネット配信でも上手く回っているモデルは球団(権利者)と放送局(使用者)が合意して配信している阪神タイガース試合映像の有料配信だけですからね。あさってから始まります。皆さん利用してね。ええ、ええ、宣伝ですとも。

と、ここまで書いて思いついたのですが。

素人は権利クリアが楽ですから、素人番組をネットで流せばいいかもしれませんね。クオリティが下がる?いえいえ、大阪のオバチャンなら余裕で全国で通用します。大阪のオバチャンをテレビに出して、ネット配信する。怖いなあ、でも見てみたいなあ。おばちゃんが芸能界のことを怖いもんなしでべらべらしゃべるテレビ番組とか。あかんかな。

|

« ブログお休みしてる間もブログ | トップページ | 関西のスイッチ私的総括 »

テレビ」カテゴリの記事

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

ラジオ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/56831/3597695

この記事へのトラックバック一覧です: ホリエモン考:

« ブログお休みしてる間もブログ | トップページ | 関西のスイッチ私的総括 »