« 手のひらの上の幸せ | トップページ | 電話にありのままの姿が映っていいのか? »

2005年3月 8日 (火)

10歳にしてブログデビュー

非常に親バカで恐縮なのですが、昨日、10歳の誕生日を迎えたわが息子のブログを作ってみました。

いつも空がある
ヤツはガッコの授業で詩を作ることに目覚めたらしく、一月ほど前からこつこつこつこつと書き溜めてみては、休みの日などに毎度毎度読んで聞かせる。

親の贔屓目かもしれんが(いや、たぶんそうなのだろうけど)、一種独特の視点と表現は持ってる(ような気がする)。

ので、

世に問うてみた、のです。

それは彼がどうこうというのではなく、この年代の子供たちは多かれ少なかれ持っている剥き出しの感性なんだろうなあ。そういうものを記録しておきたいという気持ちなのかも。

自分の子供の記録をつけることで、自分自身の子供時代を思い出し、あの頃の自分と繋がるような気がする、という気持ちもあります。

親のエゴにならないように気をつけなあかんなあと、父としての自制を心がけつつ、本人は「今、何人が読んでくれたん?」と既にアクセスログを気にしている様子。血は争えん。

どこまで続くか分かりませんが、よろしければご一読を。

|

« 手のひらの上の幸せ | トップページ | 電話にありのままの姿が映っていいのか? »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

ブログデビューおめでとうございます。

先ほど、読みに行ってきました。
素敵な詩ですね。
これからどんな詩が読めるのか、どんなentryを
読めるのか楽しみです。
でも、コイッチさんは、ドキドキでは?(笑)
親って...そんなものですね。

投稿: Kanko | 2005年3月 8日 (火) 08:18

出ましたね!待ってました!(^o^)
ケンちゃんの感性、大好きです。
楽しみに読ませていただきます。

ページデザイン、かわいいですね。
メモ。

投稿: 山湯 | 2005年3月 8日 (火) 09:03

コイッチさん 素敵なブログがデビューしましたね。うちの息子も親に内緒でブログを書いていますが、とんでもないものだと推測されます。

ケンちゃんの詩 親バカでなく すごくいいと
思います。文字の間に漂う空気がありますね。
 人に読んで聞かせるなんて、素敵な息子さんだわ~。

これからも楽しみにしています、とケンちゃんに
お伝え下さいね~

投稿: じゅぴ | 2005年3月 8日 (火) 22:15

たくさんのコメントありがとうございます>各位
なんだか息子のサイトのほうが多くコメントをもらってるみたいで・・・。
大人気なくも、ちょっとジェラシーっぽいものも感じたりします。

>Kankoさん
まあ、いつまで続くかってのが、
ゲンジツ的には一番気になりますね。
たまたまココログのアカウントが余ってたので
いい機会だと思って作ってみたんですよ。

>山湯さん
やまゆの知ってるケンは詩をかけるまで成長しました。
これ以上成長がないのかもしれませんが
(本気で心配しています)。

>じゅぴさん
息子のブログを作ると父親はどういうことを考えるんだろうか・・・。
ちゅう興味もあります。
下心としては、そういうのが何かコンテンツ作りのヒントにならんかなあと。
息子を使った実験ブログですね。
親バカ番組とか出来ると楽しいと思うんですよ。孫自慢番組とかね。

ひらがなぶろぐをそのまま真似するのはモダシンさんに悪いので、
詩作という形でちょっとひねってみたんです。

投稿: コイッチ | 2005年3月 9日 (水) 00:32

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/56831/3214316

この記事へのトラックバック一覧です: 10歳にしてブログデビュー:

« 手のひらの上の幸せ | トップページ | 電話にありのままの姿が映っていいのか? »