« プロペラスタジオのシール | トップページ | 義理チョコは必要か »

2005年2月 5日 (土)

佐野元春が語るライナーノーツが再開

長らくお休みしていたブログ「佐野元春 80年代 SINGLE ライナーノーツ」が更新を再開。今回は大滝詠一氏へのリスペクトも語られていて興味深い。今回のお題は「彼女はデリケート」。

当時、「こんなおしゃれな都会生活がガイコクにはあるんやろうなあ」と漠然と想像してたのですが、佐野さんによれば

その頃から東京にもイタリアン・キュイジーンとかスペシャリティ・レストランが出来始めてきて、詩の中にも、そんな場面は歌われてます。記念の日には、薔薇とラム酒でそういうレストランでお祝いをしよう。そういう男の子の態度はまだ一般的ではなかったかもしれない。僕はしてたけど、・・・
ということらしいです。東京の一部のお話だったんですね。

|

« プロペラスタジオのシール | トップページ | 義理チョコは必要か »

文房具・道具」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

トラックバックありがとうございます。
僕はリアルタイムには聞いていなかったのですが、最近は佐野さんかなり興味が出てきました。
佐野さんはそのときどきの時代性も反映していて、いつもアンテナの敏感な人だったんだなー。と感じます。

投稿: hok | 2005年2月 6日 (日) 08:08

>hokさん

そかあ、リアルタイムでは聞いてへんか・・・^^;。
佐野さんって言葉をすごく大事にしててねいいですよ。

20年ほど前のアルバムで「SOMEDAY」ちゅうのがるんですけど、
そのライナーが組み立て式のブックレットになってるんです。
これがなんと単独でも「詩集」っぽくなるんですね。

これを大学の時ずっと持ち歩いてました。ぼろぼろです。
復刻版CDが出たときもブックレットまで復刻してて
嬉しかったです(めっちゃ小さかったけど)。

機会があれば是非どうぞ。

投稿: コイッチ | 2005年2月 9日 (水) 00:06

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/56831/2814785

この記事へのトラックバック一覧です: 佐野元春が語るライナーノーツが再開:

» 佐野元春さんが語るライナーノーツ更新再開 [FIND-MARKING]
TSUTAYA onlineで掲載されている、『佐野元春 80年代 SINGLE... [続きを読む]

受信: 2005年2月 6日 (日) 08:12

» [SUN] 「彼女はデリケート/こんな素敵な日には」 [SUNDAY MORNING BLUE]
とてもごキゲンなロックンロールです。こういう明快なロックンロールは大好きです。... [続きを読む]

受信: 2005年2月 8日 (火) 10:47

» 電車男にも秘密がある? 〜 告白は波乱の幕開け 〜 8/11ドラマ「電車男」_06 〜 050813 [かわいいだけ、でないはなし。 by koko(waka)toki]
                     ↑           ↑                      ↑     ドラマ「電車男」6回目の放送(8/11)です。↓ == [http://wwwc.fujitv.co.jp/denshaotoko/index.html] == = 電車男 公式サイト  ストーリー = === ネットから生まれたオタク青年(伊藤淳史さん)と === === 美女(伊東美咲さん)の純愛物語です === ..... [続きを読む]

受信: 2005年8月15日 (月) 22:52

« プロペラスタジオのシール | トップページ | 義理チョコは必要か »