« ぺんてるプラマン、復活 | トップページ | BECK最新刊にやっと追いつく »

2005年1月27日 (木)

角淳一と話す

「ちちんぷいぷい」メインパーソナリティ角淳一さんと、ちょこっと打ち合せしました。ほんの何度かしか話したことがない中で、今日は一番うまく話せた印象。嬉しかったです。

角淳一・・・なんて呼び捨てに出来ないのが、今の僕と角さんの関係ですが、中学生のころから毎日放送ラジオ「ヤングタウン」のリスナーとして彼に接してきた身には、「さん」付けするとどうも親近感が沸かない。むしろ距離が開きすぎて隔たりが出来ちゃうような気がする。大阪弁しかしゃべらないアナウンサー、深夜番組でスケベな話をするのが好きなアナウンサー・・・当時の僕らは彼を「アホの角淳一」という言い方で呼んですらいましたからね。

その彼がTBS「ザ・ベストテン」に出演した時、司会の久米宏を相手に日ごろの大阪弁のまま出番をこなす姿に、テレビの前で「いつものまんまや」と拍手を送りました。「アホ」呼ばわりしつつも、応援し、支持し、大好きなアナウンサーでした。

時が過ぎて、角さんと同じ会社で同じ社員の身として働くことになり、角さんはやがて独立してタレントとなり、最近ようやく携帯コンテンツの制作を通して一緒に仕事をすることになりました。20余年かかっての邂逅でした。

いつか、角さんの前で「僕、昔、角さんのことアホの角淳一言うてましてん。大阪には、アホってほんまのアホと好きなアホありますやんか。もちろん好きなアホですわ。今はもう角さんとしか言えんようになりましたけど、視聴者にはやっぱり角さんってアホやよなあ、みたいな感じを持たせる隙っちゅうか、余裕っちゅうか、エエ意味の脇の甘さのあるサービス作りたいなあ思ってますねん」なんて感じで、昔、「アホの角淳一」って言ってたことをカミングアウトしてみたいです。

実際の角さんはすごく仕事熱心な人ですね。いろんなこと考えてはります。とてもアホやなんて言えんです。

しかしWikipediaの角さんのページは詳しい解説が出てるなあ・・・。

|

« ぺんてるプラマン、復活 | トップページ | BECK最新刊にやっと追いつく »

テレビ」カテゴリの記事

コメント

夢のような、うらやましい話ですね!!!
大阪人にとってはカリスマですから!

投稿: 吉田誠 | 2005年1月27日 (木) 07:22

>まことさん

でもねえ、ゲーノーヂンに会える!的な感動は
入社時に終わっちゃってますからねえ。
むしろ「企画にどう反応するんやろ?」って
そればかり気になって、緊張しますね。

新入社員時代に番組をスタジオに見学しに行って、
(もちろん、仕事は全然関係なかったんです^^;)
番組後の反省ミーティングに気安く呼びこんでもらったのが
今となっては懐かしいです。

ミックスジュースを頼んでもらって、
冨田靖子主演の映画「BUSU」の話をしたのを覚えてます。
そん時は「ああ、あの角さんと話してるよ、俺」って
さすがに感激しましたね。

投稿: コイッチ | 2005年1月28日 (金) 00:50

角淳一と言葉を交わすなんて…
僕の世代でも、「ヤンタン」の角淳一と言えば、あの大阪弁とともに懐かしく思い出されます。
今でも、たまにAMを聴いていて、角さんの声を聴いて、青春時代にフラッシュバックすることもありました(^^)

でも、同じ会社で仕事としてつきあうとしたら、またミーハー的な想いとは違うつきあいになるでしょうね。
少なくとも、角さんの仕事に真摯な姿勢がコイッチさんのコメントからも感じられて、ファンとしてもうれしいエントリーでした。

投稿: Haru | 2005年1月29日 (土) 00:20

こんにちは>Haruさん

いつも下衆な言葉で恐縮ですが、番組スタッフなんかは
「このオッさん、何とかして笑わしたろう(泣かしたろう)」
と思って仕事してますねえ。

あの頃、一緒にラジオを聞いてた友達の中で
角さんと仕事が一緒にできる立場にいる人間なんて
そんなにいるもんじゃないじゃないですか。
そういうラッキーさに感謝して、
かといって卑屈にならずに、おもっきり遊ぶ・・・ちゅうのが
意識するところですね。

その結果、角さんのラジオを一緒に楽しんだ昔の仲間に
僕が手がけたサービスが届いて、
これオモロイやん、って言うてもらえる
ちゅうのが目標ですね。

投稿: コイッチ | 2005年1月29日 (土) 12:17

こんばんわ☆

>角淳一さん
角さんと言えば、「ちちんぷいぷい」で日常の何気ないネタを楽しく語るおじさんのイメージですね

その裏では、いろんな事を勉強されてるのかな…
と思っておりやす

正直、仕事上とは言えども話する機会があるとは実にうらやましいです

今回の記事は、角さんの素顔がチラッと見えて興味深く読ませていただきました^^

投稿: やなっち | 2005年1月29日 (土) 23:12

コイッチさんはじめまして。

つんと申します。このたびトラックバックをさせていただきました。

今後ともよろしくお願いいたします。

投稿: つん | 2005年3月12日 (土) 09:41

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/56831/2708024

この記事へのトラックバック一覧です: 角淳一と話す:

» 面接官の選択 [今日つぶ(west) by つん]
電車の中刷りに就職雑誌「ビーイング」の広告がありました。 特集は、『人事300人 [続きを読む]

受信: 2005年3月12日 (土) 09:37

« ぺんてるプラマン、復活 | トップページ | BECK最新刊にやっと追いつく »